Post Tagged : アート

mad.tk. 新作 / SHIT BIRD Tシャツ入荷

2017/7/13

madtk--shitbird-1

 
Exif_JPEG_PICTURE

 
先日ここでも展示の紹介をさせてもらったアーティストdiskahのレーベルmad.tk.から新作 SHIT BIRD Tシャツが入荷しました。

KILLY BIRDの弟分ニューキャラクターのシットバードがシルクスクリーンプリントされたTシャツです。ヘビーウェイトボディが使用されてます。

indyvisual店頭、オンラインストアで販売開始しましたのでチェック下さい。

 
mad.tk.

1994年から2006年まで日本のボードカルチャー、ストリートアートなどのシーンにデベロップし続けたレーベル、 O.W.N(original world network)の首謀者だった田中大輔(DISKAH AKA DEE)が表現の一環として試験的に始めた新しいレーベル。

DISKAHのドローイングや写真からサンプリングしたグラフィックやコラージュ、MIXED MEDIA等を中心にクロージング、クッション、アイピロー、トート、ZINE、ポスター、ステッカー等に落とし込んだり、直筆のクッションやTSHやハンドメイドにも挑戦しつつ生活に身近なウエポンを展開、進展。関心から歓心へがモットー。

http://diskah.com/


mad.tk. 新作 / KILLY BIRD Kids Tシャツ入荷

2016/5/17

madtk-kidstee-1

 
madtk-kidstee-2

 
madtk-kidstee-4

 
アーティストdiskahのレーベルmad.tk.から新作 KILLY BIRD Kids Tシャツが入荷しました。おなじみKILLY BIRD Tシャツの子供用で、お子さんがいる友達へプレゼントにお薦めです。

indyvisual店頭、オンラインストアで販売開始しましたのでチェック下さい。

 
mad.tk.

1994年から2006年まで日本のボードカルチャー、ストリートアートなどのシーンにデベロップし続けたレーベル、 O.W.N(original world network)の首謀者だった田中大輔(DISKAH AKA DEE)が表現の一環として試験的に始めた新しいレーベル。

DISKAHのドローイングや写真からサンプリングしたグラフィックやコラージュ、MIXED MEDIA等を中心にクロージング、クッション、アイピロー、トート、ZINE、ポスター、ステッカー等に落とし込んだり、直筆のクッションやTSHやハンドメイドにも挑戦しつつ生活に身近なウエポンを展開、進展。関心から歓心へがモットー。

http://diskah.com/


mad.tk. 新作 / SIX O’CLOCK SWEETS “POOP” Tシャツ入荷

madtk-sixoclocktee1

 
madtk-sixoclocktee2

 
アーティストdiskahのレーベルmad.tk.から新作 SIX O’CLOCK SWEETS “POOP” Tシャツが入荷しました。

diskahらしいハンドドローイングモチーフがシルクスクリーンプリントされたTシャツです。

5.6ozのヘビーウエイトボディを使用してます。

indyvisual店頭、オンラインストアで販売開始しましたのでチェック下さい。

 
mad.tk.

1994年から2006年まで日本のボードカルチャー、ストリートアートなどのシーンにデベロップし続けたレーベル、 O.W.N(original world network)の首謀者だった田中大輔(DISKAH AKA DEE)が表現の一環として試験的に始めた新しいレーベル。

DISKAHのドローイングや写真からサンプリングしたグラフィックやコラージュ、MIXED MEDIA等を中心にクロージング、クッション、アイピロー、トート、ZINE、ポスター、ステッカー等に落とし込んだり、直筆のクッションやTSHやハンドメイドにも挑戦しつつ生活に身近なウエポンを展開、進展。関心から歓心へがモットー。

http://diskah.com/


mad.tk. 新作 / DISKAH HAND PAINT DECK SHOES入荷

madtk-deckshoes1

 
madtk-deckshoes3

 
アーティストdiskahのレーベルmad.tk.から
新作 DISKAH HAND PAINT DECK SHOESが入荷しました。

diskahが一点ずつ手描きで仕上げた総柄のシューズで、すべて一点物のため画像とは若干絵柄が異なります。

布用でのインクなので色落ちしずらく、防水のコーティングがほどこされていますが、洗濯や雨等で色あせたり、永久防水ではありませんのでご了承ください。

indyvisual店頭、オンラインストアで販売開始しましたのでチェック下さい!

 
mad.tk.

1994年から2006年まで日本のボードカルチャー、ストリートアートなどのシーンにデベロップし続けたレーベル、 O.W.N(original world network)の首謀者だった田中大輔(DISKAH AKA DEE)が表現の一環として試験的に始めた新しいレーベル。

DISKAHのドローイングや写真からサンプリングしたグラフィックやコラージュ、MIXED MEDIA等を中心にクロージング、クッション、アイピロー、トート、ZINE、ポスター、ステッカー等に落とし込んだり、直筆のクッションやTSHやハンドメイドにも挑戦しつつ生活に身近なウエポンを展開、進展。関心から歓心へがモットー。

http://diskah.com/


DISKAH ART EXHIBITION “REPRESENT” at RE studio

2015/3/14

DISKAH_ART_EXHIBITION_REPRESENT_at_REstudio

 
DISKAH_ART_EXHIBITION_REPRESENT_at_REstudio4

 
DISKAH_ART_EXHIBITION_REPRESENT_at_REstudio3

 
DISKAH_ART_EXHIBITION_REPRESENT_at_REstudio2

 
先日もここで紹介したDISKAH ART EXHIBITION”REPRESENT”
オープニングにいってきました。

池尻大橋に新しくできるフリースペース RE studioのオープニングを記念したアートショーで、繋がりのある人も含めたくさんの人が来場されていました。

DISKAHのスタイルの原点でもあるスケッチドローイングの作品、良かったです!
とてもいい空間なので興味ある人は是非足はこんでみてください。
今月22日まで開催してます。


DISKAH ART EXHIBITION “REPRESENT” at RE studio

2015/3/4

DISKAH_ART_EXHIBITION_REPRESENT_at_RE studio1

 
DISKAH_ART_EXHIBITION_REPRESENT_at_RE studio2

 
indyvisualグッズの取り扱い等お世話になってるdiskah(mad.tk.)が池尻大橋に新しくできるフリースペース RE studioのオープニングを記念してアートショーを行います。本展ではdiskahのスタイルの原点とも言えるスケッチドローイングの作品を中心に展示するそうです。3/13(金)のオープニングレセプションではライブペイントも。
興味ある人は是非足運んでみてください。

DISKAH ART EXHIBITION
“REPRESENT”
2015.3.14.SAT – 3.22.SUN

OPENING RECEPTION >> 3.13.FRI 18:00〜21:00

(パーティーの後に地下のプライベートミニミニランプでインターフェーキーコンテストが行われるかも、です!)

◆RE studio HP(3/8オープン予定)
http://www.re-studio.tokyo/

◆DISKAH HP
http://www.diskah.com/


PAPERSKY #36

2011/9/24

 

 
今販売されているPAPERSKY #36に掲載されているMINI CLUBMAN HAMPTON × KAMIで、KAMI(HITOTZUKI)がデザインしたシューズ(AREth)やHITOTZUKIのGOODSを取り扱うショップとしてindyvisualの店内写真ものせていただいています。KAMIのアートを追うMINIでの旅、是非チェック下さい。


ADOOM ONLINE SHOP

2010/10/23

ADOOM

お知らせちょっと遅くなりましたが、

同じような気持ちで活動する仲間で、OUGHTを取り扱いしていただいている新潟はADOOMさんのオンラインショップがオープンしました。

ここは特にADOOMオリジナルデザインのシルクスクリーンプリントアイテムは必見です。indyvisualでも取り扱いのあるAREthHITOTZUKI(KAMI+SASU)などもあり、新作からWRECKSもラインナップに加わるそうですよ〜。その他も服に限らず音源の販売も。

音やアート、面白いもの好きは、独自の世界観を是非チェックしてみて下さい!!


KAMI (HITOTZUKI) Special Long Interview / RED ONE PRESS

2010/2/8

 RED ONE PRESS

 
KAMIくん(HITOTZUKI)のロングインタビューがRED ONE PRESSに掲載されてます。かなり最新の熱がつたわるインタビューなので是非チェックしてみて下さい。熱いです!

ここindyvisualに良くきてくれるカズキ君のつながりあるRED ONE PRESS(en one tokyo主催のアート情報サイト)、
サイト自体は最近教えてもらったのですが、アートの魅力やアーティストの生きる姿勢というものが受け継がれるべきものでありそれを伝えていきたいという姿勢が、自分もお店に居てお客さんに伝えていきたいこととかさなって共感出来る部分多く、良いなと思いました。
しかもちょうどそのなかでKAMIくんのインタビューがあったりもしたのでここでも紹介させてもらいたいと思います!!