Post Tagged : レザー

AREth Early 2020 model

2020/7/17

 

 

 

 

 

 

 

 
大変長らくお待たせしました〜! AREth Early 2020モデルが届きました!

AREthは、スケートシューズとして横乗りのカルチャーや音楽、アーティストが背景にある日本のブランドですが、シンプルなフォルムと独自の他にない色が幅広く一般のお客さんにも好評です。

幅広で甲高の足が多い日本人の足型をベースに履き心地や素材にこだわってつくられた靴なので、足が楽で履き心地でリピーターになる人が多いAREthですが、更に今回素材の変更や微調整で、従来の同モデルと比べて軽量化と通気性が向上しています。

上のカタログ画像でHEMPマークがついてるものはアッパー素材に麻布(HEMP)が使用されていますのでご確認下さい。

 
AREth Early 2020モデルは、本日店頭とオンラインストアにて販売開始しましたので見てもらえたらです!

まだまだ浸透してないので書いていきますが、AREthサイズ展開は23.5からなので女性もサイズありますのでみてみてください。取り扱いはメンズの店がほとんどなので良くあるパターンとしては、23.5とか取り寄せじゃないと無くて試着ができず、まだサイズも決まって無いのに取り寄せは、、、という話を聞くことが多いので、そんな人のためにindyvisualでは23.5から24.5あたりをAREthは足型がどのモデルも同じなので何かしらで試せるように置いてます。気軽に声かけてください。

よろしくお願いします!
 
AREth website : http://www.areth.jp/


OUGHT BONSACK

2020/2/13

 
OUGHTオリジナルのBONSACKが届きました。

放浪者がしょって歩いているイメージもあるボンサックとは、
フランス語で筒型の縦長バッグのことで、本体の口を縛って留めるタイプのワンショルダーが特徴。もともとワークやミリタリーとハードユースのものとして丈夫なレザーやキャンバス地の物が古着等でも多く見られます。

今回その頑丈さや収納力、シンプルで特徴的なデイティールは生かしつつ、素材にこだわりデイリーユースだけでなくドレスアップしても使える物にアップデートして作っています。

これは先日のアメリカ出張では毎日試しも含め使用してましたが、荷物も結構量が入るので自分のように普段からバックパックとかでも容量があるほうが良いタイプにはもってこいだと思います。

 

 
ワンショルダー型で、斜め掛けもできるロープの長さにしています。本体の横がファスナー等で開く仕様になってないので、荷物の出し入れは一回一回バッグを降ろして口を開いてという形になります。

ブラックのみの展開で、表地は耐摩耗性、引裂性、擦り切れに対する強さを備えたコーデュラナイロン(コーデュラスパン)を使用、底の部分は革本来の自然な風合いや経年変化を楽しめるベジタブルタンニンのシボ革で切り替えています。素材の質感と強度が使っていくと更に雰囲気良くなりますよ。

 

 
内側はナイロンオックス総裏地で、写真のファスナーポケットと逆サイドにもファスナーの無い袋ポケットと2つポケットがあります。

 

 

 
バッグの口のロープ絞りや、ロープの接続部分も丁寧にレザーで仕上げています。

 
OUGHTのボンサックは、本日indyvisual店頭オンラインストアで販売開始です!是非みてみてください〜

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/


AREth late 2019 model

2019/12/1

 
お待たせしました〜! AREth late 2019モデルが届きました!

AREthは、スケートシューズとして横乗りのカルチャーや音楽、アーティストが背景にある日本のブランドですが、シンプルなフォルムと独自の他にない色が幅広く一般のお客さんにも好評です。

幅広で甲高の足が多い日本人の足型をベースに履き心地や素材にこだわってつくられた靴なので、足が楽で履き心地でリピーターになる人が多いAREthですが、今までのモデルは、初めノリが利いているような堅さがある状態から、何回か履いていくと革が柔らかくなって馴染んでくるものでしたが、今回のモデルは初めからある程度柔らかさを出して、すでに馴染んだ状態で履いているくらいストレスの無い仕様になっています。

 

 
店頭とオンラインストアで販売開始しましたのでご覧下さい。

まだまだ浸透してないので書いていきますが、AREthサイズ展開は23.5からなので女性もサイズありますのでみてみてください。
取り扱いはメンズの店がほとんどなので良くあるパターンとしては、23.5とか取り寄せじゃないと無くて試着ができず、まだサイズも決まって無いのに取り寄せは、、、という話を聞くことが多いので、そんな人のためにindyvisualでは23.5から24.5あたりをAREthは足型がどのモデルも同じなので何かしらで試せるように置いてます。気軽に声かけてください。

よろしくお願いします!
 
AREth website : http://www.areth.jp/


AREth新作 / late 2018 model 入荷

2018/10/12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
AREth late 2018モデルがindyvisual店頭、オンラインストアに入荷しました。

AREthは、スケーターに限らず音楽やる人やアーティスト、カルチャーが好きな人だったり、幅広く一般のお客さんもこの流行に左右されないシンプルなフォルムと独自の他にない色が好評ですが、
お店で長年取り扱ってきてリビーターのお客さんから理由として何より聞くのは、履き心地でという人が圧倒的に多いです。幅広で甲高の足が多い日本人の足型をしっかり考えて履き心地にこだわってつくられた靴なので、一日履いていても足が楽で本当に良いんですよね。幅広な為にいつも大きめのサイズを履いてきた人は是非試してみて欲しいシューズです。

自分自身が初期のモデルから個人的に好きで履き続けて、そこからさらに取り扱いお願いして今に至り、良さを伝えさせてもらっています。自信もってお薦めです。
一週間履いて久しぶりに違うスニーカーとか履くと本当に履き心地違いに驚きますよ。。

今季はヌバックレザーのベルクロが新たに加わったのと、IIのブラウンレザーや、LOXのブラックウールなどのAREthでは初の素材がまた良い感じです。IIはヒモの穴の数が減り高さが少し低くなって履き口が広がり以前より脱ぎ履きがしやすくアップデートされています。全モデル各色揃えてますので、モデルごとの詳細はオンラインストアでご覧下さい。AREthサイズ展開は23.5からなので女性もサイズありますよ!!

 
AREth website : http://www.areth.jp/


OUGHTマネークリップ

2016/3/29

ought_moneyclip_1st_2rd

 
写真は上はOUGHTマネークリップファーストモデル3年、下は今季新作のセカンドモデル
どちらも元々は同じ明るい茶色ですが、レザーはやはり使い込んだ味がよいですね。馴染んでより使いやすくなったり思い出も残ります。

使い込んだ味といえば、デニム等もそうですがindyvisual / OUGHTでは加工は基本的にしません。ファッションとして今直ぐ味があるそれなりの見栄えのものをもとめる考えも分からなくはないですが、ダメージ加工はその名の通りダメージでその分着れる時間も必然的に短くなるものでもあるので、、ショップのオリジナルとして定番のアイテムを作るOUGHTはそこを目指さず本当に長く着れる物を提案したいと思っています。indyvisualでは自分で味を出すのがすすめです。
 
店頭では良くそんな話もするのですが、自分で気にいって好きで着ていれば自然と長くきることにもなり、また着る時間とともに馴染んだり良い味がでてその分愛着もましてくる、自分の人生の一部ですよね、育ててなんぼです!


2016.S/S OUGHT新作 / オリジナルカードケース入荷

2016/3/18

ought-ss2016-OG-146-cardcase1

 
ought-ss2016-OG-146-cardcase2

 
ought-ss2016-OG-146-cardcase3

 
2016.OUGHT春夏カタログからオリジナルカードケースが入荷しました。

国産のヌメ革(工場で色吹き染色)とは異なり、革屋で染色し、金属溶液を使わない植物や樹木から抽出した天然の渋を使う”タンニンなめし”をほどこしたベジタブルタンニンレザーを使用していますので、革本来の自然な風合いや経年変化が楽しめます。使いこむごとに馴染み丈夫で長く愛用出来る一品です。革なので伸長はありますが現状で名刺20枚入るサイズに。

 indyvisual店頭オンラインストアで販売開始しましたのでチェック下さい!

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/


2016.S/S OUGHT新作 / オリジナルコインケース入荷

ought-ss2016-OG-145-coincase1

 
ought-ss2016-OG-145-coincase2

 
ought-ss2016-OG-145-coincase3

 
ought-ss2016-OG-145-coincase4

 
2016.OUGHT春夏カタログからオリジナルコインケースが入荷しました。

国産のヌメ革(工場で色吹き染色)とは異なり、革屋で染色し、金属溶液を使わない植物や樹木から抽出した天然の渋を使う”タンニンなめし”をほどこしたベジタブルタンニンレザーを使用していますので、革本来の自然な風合いや経年変化が楽しめます。使いこむごとに馴染み丈夫で長く愛用出来る一品です。前面は”Hobo Nickel”をモチーフにしたデザイン、背面にはOGTロゴの型押しがほどこされています。

Hobo Nickelとは背面のレリーフになっているバッファローから”Buffalo Nickel”と呼ばれる、1913年から30年代後期まで流通した5セントなどを削って作られたものが”Hobo Nickel”。ニッケルの加工しやさと、レリーフとなっている大きなインディアンヘッドの様々な形へと変えられる流用性の高さも人気となり、1980年代までには彫刻家らによって一つのアートシーンにも発展したようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ホーボー

 indyvisual店頭オンラインストアで販売開始しましたのでチェック下さい!

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/


2016.S/S OUGHT新作 / オリジナルマネークリップ入荷

ought-ss2016-OG-144-1

 
ought-ss2016-OG-144-2

 
ought-ss2016-OG-144-3

 
ought-ss2016-OG-144-4

 
2016.OUGHT春夏カタログからオリジナルマネークリップが入荷しました。

国産のヌメ革(工場で色吹き染色)とは異なり、革屋で染色し、金属溶液を使わない植物や樹木から抽出した天然の渋を使う”タンニンなめし”をほどこしたベジタブルタンニンレザーを使用していますので、革本来の自然な風合いや経年変化が楽しめます。使いこむごとに馴染み丈夫で長く愛用出来る一品です。

センターの真鍮クリップでお札をはさみ、革部分で包み込んで保護できる折り畳み型で、内側両面にカードさしもあります。前回とカードさしの仕様を改良したしました。

普段使いはもちろん、よく使うカードとお札だけ入れてというのが海外旅行のときも気軽で便利、フォーマルな服装の際などかさばる財布でカッコつかない経験をした人も多いと思いますが、これはそんな時ポケットに入れてもかさばらずシルエットを壊さないのでお薦めです。
一つもってると重宝しますよ。

 indyvisual店頭オンラインストアで販売開始しましたのでチェック下さい!

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/


2015.F/W OUGHT新作 / “Nothing More, Nothing Less.” コインケース入荷

2015/8/28

ought-fw2015-COIN-CASE-1

 
ought-fw2015-COIN-CASE-2

 
ought-fw2015-COIN-CASE-3

 
ought-fw2015-COIN-CASE-4

 
先日公開したOUGHT秋冬カタログから新作の“Nothing More, Nothing Less.” コインケースが入荷しました。

ブランドコンセプトである “Nothing More, Nothing Less.” と型押しされたOUGHTのレザーコインケース。裏面にはポケットが付いています。

国産のヌメ革(工場で色吹き染色)とは異なり、革屋で染色し、金属溶液を使わない植物や樹木から抽出した天然の渋を使う”タンニンなめし”をほどこしたベジタブルタンニンレザーを使用していますので、革本来の自然な風合いや経年変化が楽しめます。

indyvisual店頭、オンラインストア、一部取扱店で販売開始しました。カタログとあわせて是非チェック下さい!

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/


2015.F/W OUGHT新作 / “Hobo Nickel” キーリング入荷

ought-fw2015-KEYRING-1

 
ought-fw2015-KEYRING-2

 
ought-fw2015-KEYRING-3

 
ought-fw2015-KEYRING-4

 
先日公開したOUGHT秋冬カタログから新作の“Hobo Nickel” キーリングが入荷しました。

表面に”Hobo Nickel”をモチーフにしたデザイン、裏面にはOGTロゴの型押しがほどこされたOUGHTのレザーキーリングです。

国産のヌメ革(工場で色吹き染色)とは異なり、革屋で染色し、金属溶液を使わない植物や樹木から抽出した天然の渋を使う”タンニンなめし”をほどこしたベジタブルタンニンレザーを使用していますので、革本来の自然な風合いや経年変化が楽しめます。

indyvisual店頭、オンラインストア、一部取扱店で販売開始しました。カタログとあわせて是非チェック下さい!

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/