Post Tagged : 写真家

2014.ought maneuver 新作入荷 / designed by 福田 創一郎

2014/8/22

indyvisual-ads-oughtmaneuver-300x141

 
『それ以上でもなく、それ以下でもなく』を基本コンセプトに掲げ服作りをしているブランド “ OUGHT ” から派生したアーティストライン” OUGHT MANEUVER ”

各アーティストによってデザインされる “ ought to〜 (〜すべき) ”を使ったそれぞれのメッセージは “ OUGHT ” で培われた創意と手法を介しジャンルやアイテムに縛られる事無く、
シーズンを問わず展開されます。

第七弾は福田 創一郎 による限定30部の写真集+Tシャツです。

 
ought_maneuver_soichiro_fukuda_book_o1

 
ought_maneuver_soichiro_fukuda_book_o2

 
ought_maneuver_soichiro_fukuda_pocket_tee

 
ought_maneuver_soichiro_fukuda_pocket_tee_o3

 
ought maneuver 写真集+Tシャツdesigned by 福田 創一郎

 
限定30部の写真集とTシャツは写真集の中の1枚をポケットにインクジェットプリントした裁断生地を縫製、ポケットの中にメッセージの”Ought to see the world”がプリントされています。


Ought to see the world
 
目が覚めて、眠りに入るまで、瞼は開き、常に何かを人は見ている。
しかし、目には焦点を合わせる機能が備わっていて、常に焦点が合っている訳ではない、例えば妄想をしているときは目は開きつつも目の前のものに焦点は合っていない。
今まで生きてきた人生での記憶を頼りに、ほとんどのものを見ている時もある。特に毎日同じ場所に赴き、毎日同じ人に会い、毎日同じ風景を見続けていれば、自ずと記憶だけで物事を見るようになってしまう。
ただ単純に過ぎていく日々の中にも、目を凝らし物事をよく見ると、新たな世界が垣間見え、そして感動を与えてくれることが出来ると、私は信じている。

 
indyvisual店頭、オンラインストアで販売開始しました。是非チェックください!!

 
***********************************************************************************************************

福田 創一郎

1977年 東京 写真家

高校卒業後、アジア、ヨーロッパ各地を旅行し帰国後、写真スタジオに所属し本格的に撮影技術を学ぶ。
rei(hatos)との共作『Survival Drive』をTHE NORTH FACE の協力により出版。
現在は、東京をベースにスタジオを構えフィルム撮影、現像までを自らで行こなう。
+81、THE NORTH FACE 、INDYVISUAL などで作品を発表。

2007 survival drive exhibition at claska tokyo
2009 survival drive exhibition at compound gallery portland US
2011 invisible force at okiraku nara
2012 survival drive exhibition at marker studio okayama
2013 知らない場所の知っている風景 at hatos bar tokyo

 
http://www.fukudasoichiro.tumblr.com/

 
***********************************************************************************************************


『知らない場所の知っている風景』福田創一郎 写真展

2013/10/30

以前からここでも何度も紹介しているOUGHTでもコラボレートTシャツでおせわになったり、ought maneuverの次回アーティストグッズも現在企画中の写真家 Hooky(福田創一郎)くんが、明後日11/2〜23の期間で中目黒のHATOS BARで写真展を行うのでお知らせです。是非この機会に世界感を見に足運んでみてください。

soichiro_fukuda_exhibition

 
『知らない場所の知っている風景』福田創一郎 写真展
11月2日(土)〜23日(土)

@ HATOS BAR [ハトスバー]
Adderess:目黒区中目黒1-3-5 プリンスコーポ106
Tel:03-6452-4505
Open Hour:月曜日-土曜日 18:00 – 25:00
定休日:日曜日・祝祭日

 

先日、満員の電車に乗っていたとき、
隣で話してる若いサラリーマン風の
男二人の話が小耳に入り聞いていると、
どうやらタイへ卑猥な旅行に行く計画していた。
『でも、タイってすごい汚いとこらしいですよ』
『屋台のごはんで土とかはいってるらしいですよ』
そんな経験は一度もないけどな、と思いながら
こういう偏見を持ったやつってどんな顔
してんだろうと思い、ちらりとそやつの顔を見上げると、
バンコクでトゥクトゥクやタクシー
でもやっているような、いかにも
タイ人らしい顔立ちのやつで、
思わず吹き出しそうになってしまった。
このように、自分もアジア諸国をに行くと、
数えきれないほどに
現地の人間に間違えられることがある。
顔かたちはそこまで大差ないが、
国家、国境、政治、マスコミや噂話など、
様々なもので、イメージというものを作り上げている。
ある時、そういったイメージはとてつもない偏見を
生み出し、邪魔をする。
本当の事というものは現地に行き、体験するべきであり、
それ以外は実態のないものである。

タイ、チェンマイの路地裏を曲がった瞬間に
とてつもない懐かしさに包まれる、アジア諸国に
行くと頻繁にこの手の感情に陥り、この感覚はいったい
何なのか?と思う。自分の過去に体験したことなのか?
以前来たことがない場所のはずなのに。

今回の写真展はタイ、インドネシア、沖縄などで
出会った、何らかの記憶の琴線に触れた風景を
すくい上げたものを展示しようと思っています。

初日11/1(金)は、ささやかなオープニングパーティ
を開催しようと思います。皆様お気軽にお越し下さい。

福田創一郎

 


Soichiro Fukuda photo exhibition "INVISIBLE FORCE" @ hatos bar

2011/9/4

 

 

 

 
昨夜は、Soichiro Fukuda photo exhibition “INVISIBLE FORCE” @ hatos bar最終日クロージングパーティーへ。
展示はもちろんですが、仲間達集うアットホームな雰囲気が良かったです。

そして展示にあわせて製作販売されていたGOODSもいい感じで思わず購入。。
届くのが楽しみです〜。


INVISIBLE FORCE Soichiro Fukuda photo exhibition @ hatos bar

2011/8/23

8/27(sat)~9/3(sat)と、OUGHTのコラボレートTシャツでお世話になってる写真家 Soichiro Fukudaの写真展が、先日もペインターRei(hatos)の新作展でおじゃました中目黒のhatos barで行われます。

最終日9/3(sat)16:00~23:00にClosing Partyもあるそうですよ。
興味ある人は是非!

INVISIBLE FORCE Soichiro Fukuda photo exhibition
8/27日 13:00 〜 9/3  23:30

HATOS BAR & BBQ SMOKEHOUSE
目黒区中目黒1-3-5プリンスコーポ106
定休日 日、月曜日


9/25 Fukuda Soichiro Photo Exhibition初日

2009/9/26

 
2009092615100000

 
はじまりました!
Vulture JOURNAL STANDARD渋谷店で9/25〜10/9 Fukuda Soichiro Photo Exhibition ” I SAW THE SUN ” スタートです。
初日は、写真家HOOKYくん(Tripster)と僕で昼過ぎからお店にいさせてもらって接客を。夜までお客さんが沢山来てくれてましたよ〜。

 
2009092614530000

 
HOOKY君。この写真見ても思いますが、本人の感じがでてるいい雰囲気の展示になってます。

 
DSCF2679

  DSCF2671

 
HOOKYくんのGOODSや、ぼくらOUGHTとのコラボレートTシャツもこんな感じで販売されていて、真ん中のロンTが今回のエキシビジョンにあわせて限定で製作したVULTURE×HOOKY×OUGHTのトリプルネームL/S-Tです。VULTURE渋谷店と地方でVULTUREがコーナー展開されてるJOURNAL STANDARDで販売開始です。

  DSCF2687

 
一日いてレザーのジャケットを試着してみたりかなり物色しましたが、服だけでなくこんなクルーザーデッキもみつけましたよ〜良いです。おもてがコルクになってて素足で気持ち良さそうな感じの。。これ欲しいです。

と、これは私事でしたが、そんな感じで、普段お店見に行く機会少ない人もそこでしか見れない作品の展示とあわせてせっかくなんでいろいろチェックしてみてたり、お店での展示はやっぱりそうゆうよさもあるものなんで楽しんでいってほしいな〜とアーティスト共々願っております。

遊びきて下さい〜!!