Post Tagged : 器

浅井庸佑 “椀”

2019/10/23

 
久しぶりに届きました。indyvisualで不定期にですが器の取り扱いさせていただいている陶芸作家浅井庸佑さんの作品です。

6月に順理庵 銀座本店にて作品展を開催されていた時にその撤収後ここによってくれて、その展示の話や近況報告、そしてまた新たな器を出しましょうという流れで、今回はこの椀を5つ送ってくれました。

 
質にこだわり自ら採集した原料の「土・石・木灰」など身近にある素材を用いシンプルで長く愛着を持って使えるものを作る浅井さんの器をもう何年もお皿からはじまり各種購入させていただいて自分の家では愛用させてもらっているのですが、この椀シリーズも去年からを三つ使わせてもらっていて、ご飯茶碗にもなりますが、うちではつまみ類だったり副菜とか多用途で使えて、サイズといい雰囲気といい使い勝手が良く重宝ほうしています。茶色のちょっとヌメットとした質感で自然の素朴な味があります。

浅井庸佑 “椀” は本日から販売開始しましたので、興味ある人は是非見てもらえたらと思います!


浅井庸佑 陶芸展

2019/6/11

 
indyvisualで不定期にですが器の取り扱いさせていただいている陶芸作家浅井庸佑さんの作品展が順理庵 銀座本店にて6月20(木)〜22(日)開催されます。興味ある方は是非足運んでみてください。

 
浅井庸佑 陶芸展
会場 順理庵 銀座本店
東京都中央区銀座6-5-15 銀座能楽堂ビル1階
会期 2019年6月20(木)〜22(日)
12:00〜19:00

この度はご縁を頂きまして
順理庵銀座本店にて
個展をさせていただくことになりました。
石や土、灰という素材を活かし
どこか自然のありがたみや優しさを
感じることができる物を作っていきたいと思っております。
まだまだ未熟ではありますが
ご高覧いただければ幸いです。

Yosuke Asai Exhibition
6/20〜22
open 12:00〜19:00
place Junrian Ginza Honten
6-5-15 Nogakudobuil 1F Ginza Chuoku Tokyo
Yosuke Asai is an ceramic artist who embraces the surrounding nature in his neighbourhood.
He is inspired by it. The soils, stones, and plants that he turns into his ceramic works are nothing but ordinary; he goes out and finds these materials in everyday places.
He wishes that his ceramic works brings a warm feeling to their users. Every time a person holds it, may she be filled with a gentle love and feel a breath of nature.
He truly appreciates your visit.
Thank you in advance.


陶芸作家・浅井庸佑展

2018/1/20

indyvisualで器の取り扱いさせていただいている陶芸作家の浅井庸佑さんが祇園の路地裏にある「昂 KYOTO」にて1月27日(土)より作品展を行います。
 
興味ある方は是非足運んでみてください。

 
2018_yosuke_asai_exhibition

 
浅井庸佑展

会場 KOU昂KYOTO
京都市東山区祇園町南側581
ZEN 2F

1/27(土)〜2/4(日)
12:00〜18:00 会期中無休

身近な自然から材料を採取し大量生産とは対極の物作りをしています。
今回は、工房から徒歩圏内の自然から採取した材料を、野ウサギの毛並みのような優しく調和のとれた釉薬に変えた作品を初めて展示させて頂きます。

使い手に愛が伝わるものが作りたい。
使うと優しい気持ちになって欲しい。
作品を通して自然を感じて欲しい。
そんな思いから作られた作品をご高覧頂けたら幸いです。

 
Yosuke Asai Exhibition
1/27〜2/4
open 12:00〜18:00

place KOU KYOTO
adress 570-210 Gion-machi Minamigawa,ZEN 2F Higashiyama-ku,Kyoto

Yosuke Asai is an ceramic artist who embraces the surrounding nature in his neighbourhood.
He is inspired by it. The soils, stones, and plants that he turns into his ceramic works are nothing but ordinary; he goes out and finds these materials in everyday places.

His fundamental belief is polarized to mass production. He strongly believes in a sustainable way of life in which we are simply a part of nature and must co-exist with it.

He wishes that his ceramic works brings a warm feeling to their users. Every time a person holds it, may she be filled with a gentle love and feel a breath of nature.

He truly appreciates your visit and wishes you a peaceful moment here.


浅井 庸佑 展

2015/12/3

Yosuke_Asai_Exhibition

 
indyvisualで不定期ですが器の取り扱いさせていただいている
滋賀の陶芸家 浅井庸佑さんの個展がKOU昂KYOTOで行われます。
興味ある方は是非足運んでみてください。

 
浅井庸佑展

「土と釉薬がただ好き過ぎるんです」
初めて語った時、まるで子供のようにはにかみながら
嬉しそうに語る彼の目が忘れられない。
ほとんどの土、釉薬は全て自分で採取し作り出す浅井庸佑。
彼にしか出す事のできない質感、色を
どうぞ御高覧頂けましたら幸いです。

会期:2015年12月5日(土) – 12月13日(日) 会期中無休
時間:12:00-18:00
会場 KOU昂KYOTO
京都市東山区祇園町南側581 ZEN 2F
accessはこちらから。

作家略歴
浅井庸佑 Asai Yousuke
1981年京都市生まれ
2003年京都府立大学卒業
柴垣六蔵に師事
2006年独立
2009年大津市仰木に築窯


陶芸家 浅井庸佑 "片口"入荷

2012/7/28

 
質にこだわり自ら採集した原料の土と石などを用いシンプルで長く愛着を持って 使えるものを作る滋賀県 大津市の陶芸家 浅井庸佑氏の器 。

この何年か浅井さんの器をお皿からはじまり各種購入させていただいて自分の家では愛用させてもらっているのですが、今回念願かなってindyvisualでも取り扱いさせてもらえることになりました。

まず自分も含め酒好きにはお進めの酒器からということで、“片口”が入荷です。

味のある土の風合いを生かした質感に、手に馴染みやすく飽きの来ないシンプルで使いやすいフォルムです。

酒器としてはもちろんですが、料理を盛りつけたり、ドレッシング を注いだり、花を活けたり、と色んな使い方で楽しめます。贈り物にもすすめです。

indyvisual店頭、オンラインストアで販売開始しましたのでチェック下さい。

 
*全て職人の手作りなので少しずつ不定期ですが入荷しますのでお楽しみに。