急に暖かい日が続いたりまた寒くなったりと季節の変わり目とはいえなかなか体も着るものも困りますね、、体調気をつけていきましょう。そんな中ですが、indyvisualでは春のスタートとして無地のオリジナルTシャツが到着して早速動き出していますので紹介します。

リクエストが多く昨年はじめて作った無地のオリジナルTシャツですが、今季はショートスリーブロングスリーブどちらも定番としてホワイトとブラック、新色のチャコールとライトイエローを加えて作っています。

 

 
このチャコールは少し青みが強い独特の色味がとても良く、ホワイトやブラックに合うのももちろんですが、デニムなどブルー系のアイテムにも馴染みが良いですよ。

昨年から変更無く一枚で様になるゆったりと着れる身幅やアームに程よいゆとりのあるボックスシルエットで、素材はざっくりした風合が良い、ヘビーウエイトですが分厚すぎない空紡天竺を使用、毛羽立ちが少なくシャリ感がありサラッとドライな肌触りを体験できます。

 

 
そして、ライトイエローは昨年ショートスリーブを再生産した際の新色として出してはいたのですが、SNSの事前告知画像を見てあれはライトイエローですか?実はこの感じのライトイエローが好きなんですよ〜と多数連絡いただいて入荷前にキープ注文でほとんど無くなってしまい、、いざ入荷の時には普段オンラインストアで購入されている地方のお客さんの手には数枚しかお届けできない事態になってしまっていたので、、今季はそのショートスリーブだけでなくロングスリーブも新色として各サイズしっかり用意しました。自分はこの褪せたような色味のライトイエローが昔から好きでTシャツなど着ているのですがお薦めですよ〜。

Tシャツといえば普段ホワイト、アッシュグレー、ブラックなどばかりという人もいつもの感じで合わせられる落ち着いた良い色味なので是非お試しください。

 
アーティストHITOTZUKI(KAMI+SASU)のHTZK DONATION STICKER PACKをindyvisual店頭でも設置させていただきました。ご協力よろしくお願いします。

1pc 1口¥1000- CASH ONLYとなります。

能登半島地震災害支援金として、収益金は全額を災害支援団体へ寄付させて頂きます。 
All profits will be donated to the Noto Peninsula Earthquake Disaster Relief Fund.

 
indyvisualは本日から新年の営業スタートしました。NEW YEAR SAMPLE SALEと合わせて一部商品のお正月割引も店頭で致しますので是非お越しください。

本年も宜しくお願い致します。

元旦に発生した能登半島地震の被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。そして1日も早い復興をお祈りいたします。

indyvisual

 
いつもありがとうございます。

去年もそう感じたはずだったのですが今年はさらにでした。
地方からこの何年か通販してくれていたお客さんが実際に思い切って初めて店に来てくれたり、国内外から久しぶりに東京に訪れた友人やお客さんとの新たな出会いや再会が多くありました。話が尽きない時間はとても嬉しくてみんなの思いも聞けて、あらためて店を続けてきて本当に良かったとつくづく思いました。来年もここで皆と楽しみを共有していきたいです。

年末年始は体調も崩しやすいかと思いますので、お身体に気をつけて良いお年をお迎えください。

indyvisualの年末年始休業と営業日をお知らせ致します。

*********************************************************

営業最終日  12/29(金) 18:00 まで
休業日    12/30(土)~ 1/3(水)
営業開始日  1/4(木)12:00から ( NEW YEAR SAMPLE SALE )

オンラインストアの発送業務等も同じくさせていただきます。

*********************************************************

新年4日の初売りから店頭でサンプルと一部商品のセールを1月いっぱい実施いたします。サンプルは1点ずつのため無くなり次第終了となりますのでご了承ください。

宜しくお願い致します。

 
四季を感じづらい気候のせいか、、なんだか実感のないままもう今週が今年最後ですね。。忙しい時ですが先週indyvisualではショップオリジナルブランドOUGHTの2024春夏展示会を行わせていただきました。

 

 
お店のオリジナルとして定番のアイテムの再生産やラインナップとしてそこに新たに加えたい新作アイテム、春夏もお楽しみに。

 

 

そして、昨日は、

 

 
昨年から再開した恒例のindyvisual忘年会を仲間内の宮崎料理屋KITENで開催しました。

 

 

 
皆んなでわいわいと話しながらKITENの美味しい料理と芋焼酎で良い締めくくりになリました。胃腸炎やインフルエンザの流行で急遽来れない仲間もいましたが、昨年来れなかった人が参加できたりも多く今年も楽しかったです〜!

引き続きよろしくお願いします!

 
定番として数年に一度少しずつ調整しながら作ってきたOUGHTを代表するアイテムの一つメルトンフーテッドコートは、自分もいざという時にも着れるコートは一つ持っておきたいのでラインナップに加えておりますが、ここ数年オフィスカジュアルが進んで堅いフォーマルなコートではなく自分の普段のスタイルで仕事でも着れる感じが良いというお客さんの声が多く重宝されています。

 

 

 
表地は、柔らかく暖かい上質なカシミヤ混のウールメルトン素材のネイビーとブラック2色展開。

 

 
柔らかい素材をいかし身幅やアームがたっぷりとした程よくAラインで、中に分厚いニットを着ても余裕があり、スーツの上にもいけます。丈は膝上から膝くらいの設定で長すぎないので流行にとらわれず長く愛用できますよ。

 

 

 
仕様面では、フロントは比翼内側にスナップボタンとダブルファスナー。ネックをあえて高すぎないようにすることでネックウォーマーやマフラーをしやすくなっています。

 

 
袖口は内リブ仕様で保温性も高く、

 

 

 
身頃と袖裏は袖通りの良いキュプラ地を使用しています。
ハンドウォーマーポケットを含めたフロントに4つのポケット、左胸に内ポケットがあり収納も便利です。

 

 
シンプルな佇まいに要所のこだわりが詰まったメルトンフーテッドコート是非みて欲しいです。

 
自分も滅茶苦茶影響受けているアーティストで,indyvisualでもお世話になっている KAMI(HITOTZUKI)の約6年ぶりとなる個展「1999」が、SNOW Contemporaryで2023年12月8日(金)から2024年2月10日(土)まで、開催されます。

1999年以前からソロアーティストとして活動をおこなっていたKAMI自身が、2000年代に向けた希望で満ち溢れていた時期、多くの出会いから現在の曲線を活かした作風が確立されたという印象的な1999年を回顧する思いを込めた展示です。その思いについては本人のインスタグラム@kami_htzkの投稿で書かれているので是非そちらも読んでから足運んでみて欲しいです!

 
KAMI「1999」
2023.10.20fri – 11.25sat 13:00 – 19:00
*日・月・火・祝日は休廊
*冬季休暇:2023.12.24sun ~ 2024.1.9tue
会場:SNOW Contemporary / 東京都港区西麻布2-13-12 早野ビル404

 
東京も寒暖の差が出てきてやっと冬に近づいた感じがありますが、各地で雪も降り出してもう今日から12月ですからね、冬モードでいきましょう!

AREth Late 2023モデルが到着して活発に動いているところですが改めてご紹介します。

 

 
“I velcro”

アーティストKAMIのデッサンより生まれたAREthの原点である1stリリースモデルです。
耐久性が高く・柔軟性を兼ね備えた上質なカウスエードを使用しストリートでのハードな使用にも対応するクオリティーの高さと、他にないベルクロストラップの独特な雰囲気、フィット感と脱ぎ履きのイージーさでAREthの中でも特に人気のモデルです。スエードのホワイトブラックとブラックガム、ヌバックレザーのサンドヌバック3色になります。

 

 
“I lace”

先に紹介したAREthの1stモデルである”I velcro”をレースタイプに変更したリエディットモデルで、
シンプルなデザインが特徴のAREthの中でも最も落ち着いた雰囲気です。こちらも耐久性が高く・柔軟性を兼ね備えた上質なカウスエードを使用しストリートでのハードな使用にも対応します。グレーガムと今季は久しぶりのネイビーにホワイトソール、ブラックガムも。

 

 
“II”

モデル ” I “のミドルカットタイプで、踝を保護し足首のホールド感が高いモデルです。こちらも耐久性が高く・柔軟性を兼ね備えた上質なカウスエードを使用しストリートでのハードな使用にも対応します。今季はこれまた懐かしい感じのする良い色エビチャとヤマブキの2色になります。

 

 
“Chukka”

AREthオリジナルラインの中において一番のハイカットモデルです。足首から保護するホールド感試してみてください。
素材は、柔軟であり耐久性の優れたカウスエードと柔軟性があり耐久性が優れた新素材のコットンを使用しています。
indyvisualのオリジナルOUGHTのLOOK BOOKで2022モデルのオールブラックを着用したのですが、ハイカットのレースなのできゅっとしまる感じでボリュームが出ないのでパンツの裾のおさまりがよくキレイめなパンツにも合わせやすい感じで良かったです。ホワイトブラックとブラックガムの2色になります。

 

 
“Kloud Trail”

AREthのニューモデル“Kloud Trail”は、トレイルランニングシューズです。

2001年にAREthのファーストモデル”I velcro”のシューズデザインを手掛けたKAMI(HITOTZUKI)が、ニューモデルのトレイルランニングシューズ“Kloud Trail”をデザインしました。シューズ全体に施されたアーティストKAMIのアートワークであるラバープリントやスエードは繊維を更に保護しアクティブな活動をサポートします。

アッパー素材は非吸湿性のポリエステル繊維に防水加工を施したAREthオリジナルマテリアルで耐久性が強くハードな使用にも対応、完全防水ではありませんが防水性と速乾性も兼ね備えています。アウトソールは乾いた路面から、濡れた路面においても最高のグリップ力を発揮するVibram社の“MEGA GRIP”を搭載しあらゆる地形に順応します。

HITOTZUKI(KAMI+SASU)のアーティストグッズもAREthも長年取り扱っているindyvisualではファンが多いのでものすごく好評です!なのでこれは営業トークではなく、、本当にどんどんなくなっていきますので気になる人はお早めにお願いします。

 
基本全モデル各色各サイズ揃えていて、Kloud Trailは25.0から作られてるモデルですが、他は23.5~で23.5~25.0あたりは何かしらサイズ試せるものを置くようにしてますが、店頭在庫として見せられるメンズサイズは、26.0〜27.5がメインで他サイズは一度倉庫から送ってみてもらう形になりますので必要あれば声かけてください。

AREthは、スケートシューズとして横乗りのカルチャーや音楽、アーティストが背景にある日本のブランドです。幅広で甲高の足が多い日本人の足型をベースに履き心地や素材にこだわってつくられた靴で、indyvisualでは取り扱いさせてもらって10数年になりますが、足が楽で履き心地でリピーターになる人が本当に多いです。少しゆとりがあるパンツにAREthのボリュームがすごく合うのでみてみてください。シンプル好きで少し幅広なフォルムと他にない落ち着いた色が好みの人は気になったらぜひ抜群の履き心地を試してみて欲しいです!

AREth website : http://www.areth.jp/

 
indyvisualのオリジナルOUGHTを代表する秋冬のアウター、インサレーションデッキジャケットが入荷してきてます。まだ着るには早いのでこれから迎える冬に向けてということで紹介しときますね。

着た時に軽く、分厚過ぎず程よいボリューム感の中綿、今の気候を考えると冬はこれくらいがちょうど良いと思います。タイミングで見てもらえれば。

今季は身幅等さらにゆとりを持たせるなど調整と新色も加え再生産しました。

オーバースペックの暖かすぎるダウンとかではなく、日本の気候にもマッチした必要最低限度の機能を備えシンプルに仕上げたインサレーションジャケットです。

 

 
表地には少しの雨水や風を通さず防寒性もあるしっかりしたコットンナイロン 64クロス地、裏地は軽くて暖かい中綿シンサレートのキルティングを使用しています。軽くて分厚過ぎない程よいボリューム感です。

 

 
ボリュームのあるスウェットやニットなどにも楽に羽織れる、身幅や袖にゆとりを持たせたボックスシルエットで、丈が長くないので、身長が低い方でゆったり目のサイズ感で探すと丈が長くなってしまって、、というお客さんにも大変好評です。

 

 
フロントは比翼の内側にスナップボタンと襟下までのオープンファスナー、

 

 

 
袖口には内リブ、大ぶりなフラップポケットにはサイドにハンドウォーマーポケットを備え防寒性を高めています。

 

 

 
前回まで左胸だけでしたが今季から両胸に使い勝手の良い内ポケットをつけました。

 

 
裾はドローコードの仕様になってます。ドローコードを絞ると、ふくらみのある丸いフォルムで着用することができます。

 

 

 
フードではなくスタンドカラーの襟がポイントで、よくある綿が詰まった分厚い感じではなく、あえて薄めにする事で中からフードを出しやすかったりネックウォーマーやマフラーをしやすくなっています。

 

 
ネイビーとブラックにこの新色のブラウンを加えた3色展開です。
サイズ感、シルエットもさらに進化して非常に良くできているので是非これは一度着てみて欲しいです!!

素材や仕様面で防寒性も高く、場合によってはしっかりインナーに着込めるので、レイヤリング次第で秋冬、初春だけでなく真冬の札幌くらいまでこれで十分いけますよ。

 
64クロスグログラン:
ナイロンより摩擦に強くコットンより軽く通気性に優れた素材です。コットンが水分を含むと膨張し生地全体の密度が高まるため防水、防風性がでるのも特徴です。

 
Thinsulate(中綿):
ポリエステル綿やダウンと比べて半分の厚さで同じ暖かさ、約2倍の保温機能があり、25%計量の軽くて暖かい高機能中綿素材です。

 
先日ここでもセーターの紹介をしましたが、ほんとに急に寒くなってきてるので衣替えして冬支度開始ですね。

今年もOUGHTのオリジナルビーニーWOOLバージョンを定番カラーと新色で新たに作ってますので見てみてください。セーターと同じブリテッシュウール素材です。

 

 
コットンアクリル糸で作っている定番の型をウールに変えまた違った風合いに仕上がっています。

 

 
頭の部分をリブ編みと平編みで切り返すことでシルエット(頭の丸み)が綺麗に出るように工夫しており、深さも絶妙で形も被り心地も最高です。

 

 
表はブリテッシュウールで編み、肌にあたる内側をコットンアクリルの糸で切り替えて編んでいるので、被って肌にあたる部分はチクチクしない仕様に工夫しています。

ウールバージョンは暖かく、キャンプや雪山など外遊びにも最適ですよ。
凄く良かったので色違いも欲しいという声が多いウールビーニー、是非試してみてください。

店頭、オンラインストアともにウールビーニーの販売開始しましたので、よろしくお願いします!