前回クラシックB.Dシャツの紹介の時も書きましたが、とにかく普通のシャツが着たい気分で、今日紹介するシャンブレーシャツもB.Dシャツと並びで今着たいシルエットのクラシックなベーシックシャツとして作っています。

 

 

 
オーバーサイズといってもただ大きすぎないバランスを調整した快適な着心地のゆとりあるリラックスシルエットで、こちらも良いですよ〜。サックスとブラックの2色になります。シャンブレーは着ていくとデニムみたいに色が薄く良い感じに味が出る素材なので着倒して自分に馴染ませて欲しいです。

 

 

 
通年Tシャツの上にラフにアウターのように羽織って着たりできるシャンブレーシャツですが、デニムやチノに合わせるだけでなくLOOKで着用してるようなリネンパンツTWのドローストリングトラウザーズなど品の良い上質な素材に崩して合わせるのもお薦めしたいです。

 
ジャスト目のシルエットが好きな人はワンサイズ下げて着てもらうと良いと思います。

 
シャツはカジュアルに普段使いはもちろんですが、上に羽織るジャケットや合わせるパンツの素材で見え方も変わるし着回しはほんと幅広いので、是非今の自分にあった雰囲気の長年愛用できるもの見つけて欲しいと思います!

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/

 
春になりになりましたね〜。気持ちが良いです。

春はシャツを着たい気分で、そろそろシャツを着たいなと思ったときに無地のホワイトやサックス、ストライプ、普通のベーシックなのが良いけど、OUGHTで以前から定番で作っているオールドB.Dシャツはもちろん持ってますがジャストめなシルエットなので、また新たにゆったり目のパンツに合わせてもバランスの良いシルエットのものも欲しいなと思いました。

今自分が着たいゆったりめシルエットの普通に一枚でシンプルにデニムやチノに合わせるだけでさまになるような上質でベーシックなシャツを新調ししたいなと、今季OUGHTでは新定番となるB.D Shirtを作ってます。良いのができましたよ。

 
ゆったりとした身体に触れないようなふんわり膨らみのあるシルエットは気持ちの良い着心地で、長く愛用できるシンプルなデザインに仕上げています。

 

 

 

 
新無地の2色は、適度なハリがありしなやかな超長綿のスーピマコットン素材で厚みもある80/2高密度ピンオックスを使用。

 

 

 

 
ホワイト×ネイビーストライプは、コットン100%できめ細かく上質なロンスト生地になります。こちらも高密度できめ細かく程よい張りもある素材です。

こうゆうベーシックで上質な素材はカジュアルにもドレスにも品があって良いですが、このシルエット的にゆったりめなシャツの場合Tシャツの上にラフにアウターのように羽織って着たりもお薦めです。

 
シャツは、シルエットや素材でその時の雰囲気にあったものを新調したいですね。着回しもだいぶ変わるので、このタイミングで是非試してみて欲しいと思います!

ジャスト目のシルエットが好きな人はワンサイズ下げて着てもらったりも良いし、ベーシックタイプは引き続き以前から定番で作っているオールドB.Dシャツを継続していますので、そちらも見てもらえれば!

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/

 
ジャケットやセットアップは普段だけでなく仕事の内合わせや挨拶などシチュエーションに応じて必要なときがありますが、今はリモートでたまに出社するときに軽く羽織れたり、家族で出かけるときなんかもスーツスタイル以外でもうちょっと普段の生活で気軽に着れるものを新調したい人も多いと思います。あると重宝しますよね。

自分達のスタイルにあったものでそれなりのを持っておきたいし、欲しいよね、という話からそんな声にも応えるべくOUGHTでこれからの季節や秋口にちょうど良い素材で、自分達が着やすいのを作った昨年春のパジャマシャツジャケットとドローストリングパンツのセットアップも引き続き好評いただいていますが、今季はコットンダンガリーと綿麻千鳥格子チェック生地で作ってますので合わせて見てください。シャツ時くらいの厚みで着ていくと凄く柔らかく気持ちの良い素材です。

 
まずパジャマシャツジャケットから紹介します。

 

 
Tシャツだけでなくスウェットの上に羽織れるくらいの身幅やアームに程よいゆとりがあるシルエットです。

 
堅過ぎない感じで着れてシャツ感覚でTシャツに羽織るだけでも様になるし、その上にアウター着ても良いのでこれは通年重宝しますよ〜ジャケットだけでチノやデニムと合わせても良いですね。

 

 
表から見えない仕様で、左胸には内ポケットがまた便利です。

 
続いてお薦めのアノラックですが、がばっと着れるゆったりしたオーバーサイズで、たっぷりしたフォルムが出るのが特徴です。

 

 

 
存在感のあるシルエットなのでTシャツやシャツ、スウェットでもそれこそいつものスタイルに合わせるだけで新鮮で、化学繊維ではでないこの形はなかなかないスポーティーすぎない不思議な良さですよ。

 

 
単体での着用はもちろん、 一緒に発売した同生地のドローストリングパンツとのセットアップもお薦めです。

 

 

 

 

 
ドローストリングパンツは、ゆったり目のシルエットで、少し大きめのウエストをゴムとドローストリングで絞る事で、ギャザーのようになり膨らみのあるゆとりが生まれ、良いゆるさがでます。裾を少しまくってスニーカーやサンダルで合わせたいですね。ラフにゆるくがお薦めです。

 
パジャマシャツジャケットアノラックドローストリングパンツ、それぞれの詳細はまた店頭、オンラインストアで見てもらえればと思います。同素材でショートパンツと6パネルハットも今月後半に到着予定です。

素材と着てみた時にわかる適度なゆとりとこの良いフォルム、一度是非試してみて欲しいです!!

 
先日ここでも書きましたが、3月11日に撮影してきたindyvisualショップオリジナルブランドOUGHTの2021春夏lookをOFFICIAL WEBSITEで公開しました。

今回の撮影は、この状況の中久しぶりにみんな集まれて、自然の中で天気に恵まれ最高に気持ちが良かったのですが、岩肌の背景を少しずつ変えながらの撮影はデジタルとフィルムで時間もかかり押しながらの午後、だんだんと陽が傾くにつれ風が出て強くなり、モデルのRemiくんも寒さが増す一方で後半は過酷な状況になりながら日暮れまで行いました。 この感じでは正直写真が無駄になるんじゃないかと思うくらいの後半は、暗いは三脚で固定したカメラが一台 風で倒されて壊れるくらいの状態だったのに、フィルムの現像が上がってきたときの衝撃といったら、、本当に驚きました。。昼の写真もいつも以上に良かったのですが、あの後半がどのタイミングでいつどう撮ったらこうなる?? 横で見ててどう見てもそうはみえなかったのに、、と、手品見せられたような全く風も暗さも感じない良い感じにしっかり撮れている驚きの写真で、モデルとカメラマンのプロの技、仕事に改めて本当に感動しました。誰かに現場の状況を撮っといてもらえばドキュメンタリーできたなとつくづく思うくらい。笑 本当に良いものを見せてもらったなと感謝してます。

今までで一番良くも悪くも色々あった撮影でしたが、、それは非常に特別で勉強になった1日でした。仲間達と一緒に働いて、頑張って何かを成し遂げる、最高です!コロナだろうがなんだろうが、やはり何にも変えられないその日の楽しみや喜びに勝るものはないですね。

是非見てみて下さい!!
 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/ 

 
ゆったり目ストレートシルエットが綺麗で定評あるOUGHTのイージートラウザーズは、オールシーズンはけるものだとチノライトオンスデニム生地バージョンがありますが、今季はTW素材で春夏や秋口に重宝するTWイージートラウザーズを新たに作りました。チノのブラック欠品サイズも少量補充してます。

もともと履いてくれているお客さんは、素材違いを通販などで購入してくれた際に、問題なかったか確認すると、履き心地もシルエットも安心万全のイージートラウザーズなので心配ないですよ〜なんて嬉しいコメントをくれたりするのですが、これは初めての人も是非試してほしいパンツです。

 

 

 
TW = ポリエステルとウール混のこの生地は春夏向きの薄手でテロッと柔らかい素材で、ウールの通気性と品の良い光沢がありながら家で普通に洗濯しても縮まずシワにならないのが特徴です。
 
シャリ感もあってきめ細かいので見た目がナイロンパンツのようにも見える風合いで、ストレッチも入ってますよ。

 

 
スーツのスラックス等であるLポケット口の渕にスリットが入った仕様はポイントで、ポケットに手を突っ込むと分かりますが出し入れしやすくて使い勝手が凄く良いです。

 

 
このウエストがドローコードとベルトループ仕様なのと、少し深さのある股上はガゼットがあるかのようなゆとりを工夫して、動きやすく楽な履き心地になってます。

 
Color: Gray, Black 

Size: S. M. L. XL  

MADE IN JAPAN

 
品があって綺麗目に遭わせればきちっとした感じにもなりますが、こうゆうスラックスを普段TシャツやロンT、ゆるめのシャツを羽織ってスニーカーぐらいラフに崩して合わせるのがお薦めです。カジュアルだけど品のある感じがでますよ。洗濯も家でできて取り扱いも楽なので是非試してみてください〜!

 
昨日3月11日で震災から10年になりました。

お店を終日お休みしてOUGHTのlookを撮影してきたのですが、ほんとに気持ちのよい綺麗な青空でした。そこで皆と久しぶりに集合しての撮影はワクワクしたし、楽しかったです。

仲間で地元人の絵描きのハタケさんが手伝いにきてくれていて、いつの間に写真は撮ってくれたものです。

ハタケさんは10年前の震災の年に東北の被災地に行って、現地で衝撃の光景を一緒に目の当たりにした一人で、生きている自分たちはやりたい事をしっかりやらないといけない、やろうと誓ったものです。そのハタケさんともコロナだなんだで昨年も会えていなかったので、このタイミングで久しぶりに一緒にというのも感慨深いものがありました。

忘れず、引き続き精進していきたいと思います。

 
お知らせです!

indyvisualグッズの取り扱いさせてもらっているアーティストDiskahのアートショウ “空想特撮漫画展”が、 江ノ島のオッパーラで3/17〜3/21まで開催されます。興味ある人は是非足運んでみてください!

以下詳細はこちらチェック下さい。

 

 
DISKAH ART SHOW 空想特撮漫画展

3/17(水)〜3/21(日)  
OPEN 12:00~20:00(最終日 12:00~16:00)

OPPA-LA
251-0035 神奈川県藤沢市片瀬江ノ島1-12-17 江ノ島ビュータワー4F
0466-54-5625

*CLOSING PARTY 3/21(日)16:00~20:00

 
◆Diskah Profile

東京都出身。
1990年代初頭にTOKYO Z-BOYZのメンバーとなりプロスケートボーダーとして活動。
1994年にはスケート、アート、音楽を融合主体とした多目的レーベルOWNを設立(2007年に活動休止)。
90年代後期からストリートアートに没頭し、傍で雑誌やミュージシャンにアートワークを提供し始める。
2002年から本格的にアーティスト活動を開始。
絵は独学。偶発的な作品制作を好むため多くの作品が即興性で描かれている。
主にフリーハンドのラインをベースに多種多様な手法を用いてキャラクターやレタリングなど様々なモチーフを描き出す。
国内外での個展やグループ展等への出展のほか、ファッション、音楽、広告への作品提供など多方面で活動を行っている。

 

 
これから少しずつ暖かくなるそうで、春が近づいてきますね。
先週ビーニーからOUGHTの2021春夏も入荷開始しました。今週は、今伝えたいメッセージをのせたロングスリーブTシャツが届いてるので紹介します!

 

 
今季Tシャツメッセージの
“ABSENCE MAKES THE HEART GROW FONDER” は、距離や会えないことが、逆に人を恋しくする みたいな意味合いで、由来は結構古いアメリカのことわざです。

自粛や行動の制限があるなか、新しい生活スタイルとか変わらなきゃいけない風潮やメッセージが目立ちますが、自分はお店という場所で、変わらない大事なことのほうが強く感じました。来たいけどなかなか来れないお客さんや仲間とのやり取りや、どうしてるかな大丈夫かなとお互いに考えたり思う気持ち、会って話すことの大切さやこの場所でつちかった時間や関係、人の熱意や想い、自分達が今までも大事だと思っていたことがより大事になったり強くなる。

そんな思いを昨年の近況報告で友人のSHING02と話していた時に、英語での表現を相談したところ考えてくれて生まれたメッセージです。

 

 

 
フロントにメッセージ”ABSENCE MAKES THE HEART GROW FONDER”をシルクスクリーンプリントで。ボディカラーはシンプルにホワイト、ブラックの2色です。同色のショートスリーブTシャツも3月中旬に発売します。

 
店頭、オンラインストアともにロングスリーブTシャツの販売は開始しましたので、よろしくお願いします!

このメッセージで4月に別デザインのTシャツもリリース予定です。お楽しみに。

緊急事態宣言があっても無くても、引き続き健康第一で気をつけていきましょう〜!!

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/

 
今月からOUGHTの2021春夏の新作が少しずつ入荷開始しますが、今年はやはりいつものこの時期よりまだ寒いですね。。

昨年1月真冬のニューヨークで毎日被っていたOUGHTのウールバージョンのビーニーが暖かくて重宝したので、久しぶりに作った冬のウールバージョンが今まさに重宝していますが、今季はオリジナルビーニーの春夏バージョンを4色作ってるので見てください。春バージョンは編む糸数を減らすことで少しボリュームが軽く柔らかい感じになっています。

 

 
頭の部分をリブ編みと平編みで切り返すことでシルエット(頭の丸み)が綺麗に出るように工夫していて、折り返しても返さなくても被りやすい、絶妙な深さに。
年中被れて、汗かいてもその都度洗えるコットンアクリル素材です。

 
オリジナルビーニーは、気に入って色違いのをまた購入してくれるお客さんが多いのですが、同型でもコットンアクリルの糸数を変えた春夏バージョン秋冬バージョンと、表素材をウール糸で編んで肌にあたる中の部分だけコットンアクリル糸で切り替えている冬のウールバージョンの三種類あって、少しずつ厚みや深さなど被った時のボリュームが違うので好みのものを用途にあわせて試してもらえたらと思います。迷ったら気軽に問い合せ下さい。

来週は新作のロングスリーブTシャツも到着予定なので、お楽しみに!
渾身のメッセージTシャツです!

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/

 
indyvisualでグッズの取り扱い等お世話になってるアーティストHITOTZUKI (KAMI+SASU)が2月12日より個展を開催します。是非足運んでみてください。

 
HITOTZUKI EXHIBITION 「Decode」

タイトルである、読み解く、あるいは(暗号を)解読するという意味の「DECODE」では、HITOTZUKIの制作現場のリアリティから抽出された現代を「読み解く」ための新作群が発表される予定です。

2021年2月12日(金)-3月13日(土)13:00 – 19:00  

Venue: SNOW Contemporary
東京都港区西麻布2-13-12 早野ビル404
404 Hayano Bldg. 2-13-12 Nishiazabu, Minato-ku, Tokyo, JAPAN 106-0031

* 日・月・祝日、は休廊となります。
* 会期は状況に応じて変更になる可能性がございます。

 HITOTZUKI (KAMI+SASU) WEB SITE : http://www.hitotzuki.com/