indyvsl-apotheke-mist-spray-1

 
indyvsl-apotheke-mist-spray-2

 
これはリピートで購入されてるお客さんも多いのでお知らせしときますね。indyvisualで取り扱いさせてもらっているAPOTHEKE FRAGRANCEROOM MIST SPRAYが価格改定となりました。

それに伴い品質の向上はもちろんパッケージもより良くなってきてますので、店頭オンラインストアで合わせてチェックしていただけたらと思います。またAPOTHEKEらしいこだわり、、プレゼントなどにも良いですね。

APOTHEKE FRAGRANCE :

芳香を漂せながらキャラバンルート(香料の道)を旅するラクダのブランドロゴが特徴なアポテーケ・フレグランスは、千葉県内の自社工房で一点一点ハンドメイドで製作されるルームフレグランスブランドです。世界中で生産される香料を取り寄せ独自に調合し、キャンドルやインセンスなどに落とし込んで香りのあるライフスタイルを提案してます。

http://apothekefragrance.jp/

ought-ss2017-OP145-pants1

 
ought-ss2017-OP145-pants2

 
ought-ss2017-OP145-pants3

 
2017.S/S OUGHT新作からパッチポケットミリタリーパンツが入荷しました。

シルエットはゆったり目ストレートのパッチポケットユーティリティーパンツです。

スパンデックス繊維を利用した伸長回復効果のあるストレッチチノを使用した無地の2色と、生地違いで12オンスのヒッコリーになります。股の部分を切り替えガゼットにすることで可動域がひろく動きやすくしてます。後ろ右ポケットにはOGTワンポイント刺繍。

OUGHTのLポケットパンツより少しゆとりあるチノパンが欲しい人はお薦めですよ、裾幅ももう少し広く全体的にシルエットが太くなります。

indyvisual店頭オンラインストアで販売開始しましたのでチェック下さい!

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/

supernice_KAMI

 
indyvisualでアーティストグッズの取り扱いさせてもらっているKAMI(HITOTZUKI)がグループ展“SUPER NICE”に参加します。近郊の方は是非足運んでみてください。メンツ凄いですね。。

 
“SUPER NICE”
Group Exhibition at CMK gallery Osaka
3/25(sat) ~ 4/23(sun) [水曜定休日]
大阪市中央区西心斎橋2-16-14宝泉ビル別館2F
営業時間:13:00~20:00

ROSENZU_HITOTZUKI

 
indyvisualでアーティストグッズの取り扱いさせてもらっているHITOTZUKI(KAMI+SASU)がグループ展に参加します。興味ある人は是非足運んでみてください。

 
ROSENZU -路・線・図-

BIEN / HITOTZUKI / 鈴木ヒラク / 小畑多丘 / TENGAone /松下徹 / yang02

第1期:2017年3月20日(月) – 3月21日(火)
会場:SPACE DENEGA / 住所: 青森県弘前市上瓦ヶ町11-2
時間:3月20日 17:00-21:00/3月21日 9:00 – 13:00

第2期: 2017年3月25日(土) – 4月16日(日)
会場:GALLERY TRAX / 住所: 山梨県北杜市高根町五町田1245
時間:11:00~17:00 金、土、日、月曜日オープン

イベント
2017年3月20日(月)20:00~「OPEN TABLE MEETING」@SPACE DENEGA
2017年3月25日(金)15:00~(予約制)「GALLERY TRAX オープニングパーティー」

 more info: SIDECORE

今回SIDE COREでは、いくつかの場所を旅するドローイングの展覧会、「路・線・図」を開催します。ドローイングとは線引くことを意味しますが、それは表現の最も根源的な行為であるし、同時に表現の最先端を開拓する実験的な試みでもあります。今回の展示では、ストリートカルチャーというジャンクション(交通結節地点)を経由しながら、それぞれの方向にドローイング(線の表現)を展開させているアーティスト達の多様な試みをみせるのを目的としています。そもそもストリートカルチャー、特にgraffitiの発展が「文字表現」に基礎をなすことから、このようなカルチャーを経由するアーティストの多くは、文字やその基礎となる線の表現性の追求を土台としながら、様々な方向性に表現を発展させてきました。「文字表現から始まる線への追求」は、習字やカリグラフィーの文化において追求されてきた、基本的なアートフォームの一つです。しかしgraffitiの文字や線の表現は、「空間の移動という体験」によって、さらに独自の発展を遂げてきました。それは、路上等、特殊な状況を前提として表現が発展していったこと、そして道具や表現スタイルもそのような特殊な状況下に合わせ独自に開拓されていったこと。そして国境をまたぐ文化的の移動と交流によって表現を発展させてきたこと。それらは「環境の移動」「技術と方法論の移動」「文化の移動」様々な次元の移動の痕跡であり、今回の展覧会の目的は、そのようなドローイング表現の発展を記す「路線図」を描くことなのです。私達はこの地図をもって、さらに遠くの地をめざします。

ought-ss2017-OP200-6pocket_pants1

 
ought-ss2017-OP200-ought-ss2017-OP200-6pocket_pants2

 
ought-ss2017-OP200-ought-ss2017-OP200-6pocket_pants3

 
ought-ss2017-OP200-ought-ss2017-OP200-6pocket_pants4

 
先日公開した2017.S/S OUGHT新作から6ポケットパンツが入荷しました。

軍物M-51や65などの持ち味であるワイドシルエットや雰囲気はのこしながら股上の深さや腰回りのゆとりなど極端に大きいい部分は調整し、ウエストのアジャスターやサイドポケットのテープ等邪魔なものを無くしてシンプルに仕上げています。

スソとウエストにドローコード、股下にはガゼット、膝に立体タックを入れているので動きにストレス無くリラックスできる履き心地に。

グリーンは履き込むほどに良い味が出る硫化染料のバックサテン地、ブラックは耐久性のあるリップクロス地と生地違いの2色になります。通年着用できる生地ですよ。

indyvisual店頭オンラインストア、一部取扱店でも販売開始しましたのでチェック下さい!

(上の写真はLサイズ着用、身長178cm体重65kgくらいです。)

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/

ought-ss2017-OS109-shirts1

 
ought-ss2017-OS109-shirts2

 
ought-ss2017-OS109-shirts3

 
先日公開した2017.S/S OUGHT新作から切り替えシャツが入荷です。

ヨーク部分を利用した高密度タイプライター地の白黒ストライプとグレーのボーダーと、身頃と袖を珍しいインディゴシャンブレーのタイプライター濃淡生地で切り替えた2色になります。

OUGHTの定番B.Dシャツより身幅にゆとりあるボックスシルエットです。

indyvisual店頭オンラインストア、一部取扱店でも販売開始しましたのでチェック下さい!

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/

ARTFAIR2017-HITOTZUKI

 
ARTFAIR TOKYO 2017
2017/3/17(金) – 19(日) 東京国際フォーラムホールE & ロビーギャラリー
BOOTH : S01-6 / SNOW CONTEMPORARY
にてindyvisualでアーティストグッズの取り扱いさせてもらっているHITOTZUKI(KAMI+SASU)が出展参加致します。
興味ある人は是非チェックください。

入場割引券をいただいてますので、興味ある人やいく予定だった人はindyvisual店頭でお渡しできますので良かったら〜

 HITOTZUKI (KAMI+SASU) WEB SITE : http://www.hitotzuki.com/

Exif_JPEG_PICTURE

 
2011年3月11日におきた東日本大震災から6年がたちました。

亡くなられた多くの方々、遺族の方々、
被害を受けられて未だ通常の生活にもどる事ができない方々に
心よりお見舞い申し上げます。

自分達がやるべきことをしっかりやり続けていきたいと思います。

indyvisual

AREth_Camp_2017

 
areth-camp-2017-flyer-ura-OL-01-580x823

 
3/18,19,20 Snow Session “Dream Session”
by Goro Komatsu & friends.
at 白馬乗鞍温泉スキー場 http://www.hakuba-alps.co.jp/ski/

3/18 Dream Session welcome party Presented by AREth Camp 2017
at Tracks Bar
399-9211長野県北安曇郡白馬村神城22200-7
Tel : 0261-75-75-4366
http://tracksbar.info/ja
19:00 ~ 26:00 2,000yen( with 1 drink ※AREth Shoesを履いてる方は with 2 drinks)

LIVE
cro-magnon(Jazzy Sport)
NAGAN SERVER × DJ YASA(KIREEK) × Shoichi Murakami(Rhodes)

DJ
COFFEE&CIGARETTES BAND(DJ KENSEI&DJ SAGARAXX)
MIT

VJ
Digas

COFFEE&CIGARETTES BAND
2007年から始まったDJ KENSEIとDJ Sagaraxxを中心にしたDJユニット。これまで数々のアナログ12inch,CD,カセットを様々なレーベルからリリースしている。2014年より毎月第1水曜日青山蜂にてイベント”colorful”を開催。ここ最近は、DJ KENSEIのアジア旅行をきっかけにタイ~インド~アフリカまで各地のルーツミュージックにフォーカスし、新たな”エレクトリック・ヴァージョン”をイメージしたSOUND LIVEをミュージシャン達と”colorful”にて積極的に行っている。2017年自身のレーベルelectric rootsより所縁のあるアーティストの作品リリースを企画している。尚今回のAREth Campでは、DJとして空間を演出する他、ミュージシャンとのセッションも予定している。
http://djkensei.com/ http://www.sagaraxx.com/

cro-magnon (Jazzy Sport)
cro-magnon (Jazzy Sport ) 1996年、米国ボストンにて、Dr&Per:大竹重寿、G&B:コスガツヨシ、Key:金子巧が出会いジャムを始める。99年帰国後、Loop Junktionを結成。
1枚のミニアルバム、2枚のフルアルバムをリリースし2004年惜しまれつつも活動停止。同年、進化した三人が原点に立ち返り、cro-magnonとして活動開始。ジャンルを軽く超越したgrooveでトリオの可能性を追求中。ステージの大小を問わず必ずオーディエンスを踊らせるサウンドは国内を留まらず、韓国、東南アジアやヨーロッパツアーなど海外でも実証済み。昨年には5枚目のオリジナル・アルバム『Ⅴ』をリリース、全国40ヶ所以上のツアーを成功させる。
http://cro-magnon.jp/

NAGAN SERVER
キレのあるステージングに、力強い言葉で表現する ラッパー NAGAN SERVER(ナガンサーバー) 。全国各地をライヴで渡り、DJセットを基盤とする数々のライヴセッション ( KenKen、DOCTOR-HASEGAWA、DJ YASA(KIREEK)、韻シストBAND…etc) といったアーティスト勢と独自のRAP MUSICを展開。リアリティのある歌詞が幅広いリスナーから支持を得る。客演ではバンドNabowaのギタリスト景山 奏 ソロプロジェクトアルバム「THE BED ROOM TAPE」、BASI 4th ALBUM「Mellow」、呂布カルマ 4th ALBUM「The Cool Core」など参加。他、書道や陶芸、茶道などの伝統的芸術から、ファッション、グラフィティのような現代を表すアートにも関わりが深く、展覧会・イベントにて音演出をこなす。
http://naganserver.jp/

DJ YASA(Kireek)
DJを初め3年目に世界最大規模のDJバトル、DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIP 2003において日本チャンプに輝き、ロンドンでの世界大会では2003年世界4位、その後2006年大会でも2度目の日本チャンピオン、そしてWORLD FINALでは堂々の世界2位という偉業を成し遂げる。2007年、盟友 HI-C(2005 Vestax Extravaganza World Champion)とターンテーブリズムユニット『Kireek』を結成。HIFANA、OLIVE OIL、田我流、NAGAN SERVER、SNEEEZE等様々なアーティストのコラボレート作品や自身の作品もリリース。地球をフィールドに、音楽とスキルで世界にポジティブエネルギーを与え続けるDJ / TURNTABLIST / SOUND CREATOR。
http://www.dmc-japan.jp/djyasa.html

 
AREth website : http://www.areth.jp/