いつもありがとうございます。今月からできた定休は月曜なので明日ですが、それ以外の臨時休業日をお知らせです。

2月21日(木)は、OUGHT2019春夏のイメージカタログ撮影の為、
indyvisualを終日お休みさせていただきます。オンラインストアの通販ご注文や問い合わせについても同じくさせていただきます。

ご来店予定だった方には急でご迷惑おかけしますが、
宜しくお願いいたします。

今回は久しぶりの鎌倉に撮影行ってきます〜

indyvisual

 

 
AREth好きでスノーボードやる人に朗報です。
オーストリアの老舗うブランドDeeluxeAREthの共同開発でスノーボードブーツDeeluxe × AREth Collaboration Model “RIN” が2019-2020シーズンリリースされます。

バックカントリーからゲレンデまで自分達のスタイルに合ったスノーボードブーツをコンセプトに、柔らかく柔らかすぎず、1日をストレスなく快適に過ごすことの出来るブーツを目指して作られているそうです。

Deeluxe取扱店か、AREth取扱店のなかでもスノーボードショップさんメインに予約受付も開始するらしいので興味あれば是非チェック下さい!!

 
2018秋冬に数年ぶりにオリジナルで作ったスウェットのクルーネックジップフード好評いただいてますが、この春は新色でスミをプラスしました。同時にサンドベージュとグレーが完売サイズでていたのでまた新たに在庫作っています。合わせてみてもらえたらと思います!

 

 
嬉しい反響で、こだわった部分、まさに着心地とシルエットで、クルーもジップもどちらも色違いで購入してくれる人も多く、一緒に作り上げたパタンナーさんまでみずから初回生産でグレーのクルーもジップもオーダーしてくれて、今回また再度購入予定という作った自分たちもそんな感じになってます。

久しぶりのオリジナルのスウェットでしたが、スウェットは、今ギルダンとかアメリカボディーにプリントものからメーカーオリジナルなど種類も値段もピンキリで沢山出回っているので、そんな中あえてOUGHTで作るからには、もちろんデザインを奇抜にとかバーンとプリントをとかではなくシンプルで長く着れる良い物、やはり着てみた時にわかる感じ、置いてあるのを試着してみた時に『あ、この感じ、これいいですね〜!』と納得してもらえるような素材だったり着心地やシルエットにこだわって、それができないなら作らなくても良いと思っていどんだものだったので、チャレンジして良かったです!

初めての人もいると思うので、アイテムについて再度解説させてもらいます。

少しゆったりとしたシルエットのオリジナルクルーネックとジップフードは、素材サイズ感シルエット同型でフードは大きめです。しっかりと厚手の裏毛ですが、堅い素材ではなくニットのような柔らかさがあり、一度洗うと少し縮みがでて目が詰まりマットな肌触りが良いです。

 

 
リバースウィーブ型の変形で脇からアームをまたいだハギがマチのようになり、脇から袖のたっぷりしたゆとりとフォルムを出しています。ゆったりとした身頃と袖まわりのたっぷりとしたシルエットが特徴の絶妙なパターンをつくりましたので、是非試してみて欲しいです。

一番はまず着てみて欲しいですが、なかなか店まで来れなかったりする人は、
物撮りはどうしても普通に綺麗なスウェット写真でシルエットまで表現しきれませんが、カタログモデルカットの着た感じとあわせて雰囲気みてもらえたらですね。

 
サンドベージュ、ネイビー、グレーにスミが加わり4色展開で、左袖にはそれぞれOGTワンポイント刺繍が入ります。

グレーはindyvisualのみの取り扱いとなります。ネイビーは追加してないので現品限りです。

indyvisual店頭オンラインストアで販売開始しましたのでチェック下さい。

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/

 
2019春夏OUGHTアイテムの入荷が今月からはじまります。まずは定番のオリジナルニットビーニーの春バージョンが入荷です。春バージョンは編む糸数を減らすことで少しボリュームが軽く柔らかい感じになっています。今季はフェード感のある落ち着いた色味の綺麗なカラーとブラックです。

 

 
初めての人もいると思うのでまた解説しますが、頭の部分をリブ編みと平編みで切り返すことでシルエット(頭の丸み)が綺麗に出るように工夫されており、折り返しても返さなくても被りやすい、絶妙な深さになっています。コットンアクリル素材なので毛玉になりにくく、洗濯で水洗いもできます。

 

 
何年もニット帽はこれ!と被り続けてくれるお客さんが多く、ブラックは毎シーズン色あせたら買うという人もいるくらい被り心地と形や素材に定評があり、もうずっと作ってくれないと困るとよく言われています。。頑張ります。

という事で、おすすめの自信作是非お試し下さい!伸縮性があるので女性や子供もいけますよ。

indyvisual店頭オンラインストアで販売開始しましたのでチェックください。
取扱店JOURNAL STANDARDでも今週発売開始される予定です。

JOURNAL STANDARDでは毎シーズン販売してもらっていて、別注カラーもあるのであわせてみてみてください〜。

OUGHT春夏カタログは2月下旬には配布、公開予定です。お楽しみに。

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/

 
いつもありがとうございます。
今までindyvisualは盆休みと年末年始以外は撮影等何かなければ基本無休でしたが、2月から定休日を作ることにしました。

毎週月曜日で、月曜が祭日にあたる場合はずらして火曜日になります。オンラインストアのご注文問い合せの返信や発送業務は営業日に対応となります。

*********************************************************
2月のお休みは下記になります。
2/4. 2/12. 2/28. 2/25
2月は春夏アイテムの入荷に向けてカタログ撮影を行うため別で1日お休みとりますが、スケジュール組んでるとこなのでそれはまたわかり次第お知らせします。

*********************************************************

不定期にカタログ撮影などで定休日以外にお店をお休みする場合があるのでブログやSNSで来店前に確認お願いできればと思います。

では、引き続きよろしくお願いします!!

 
OUGHT革小物シリーズのなかで、今日はマネークリップの経年変化イメージをご紹介です。上がいま販売しているはじめの状態で、下写真は2年自分で使っているものです。

 

 
革に刻まれた色や傷、中に入れるカードのあと、丸みや膨らみも良い感じに出てきました。自分で言うのもなんですが良い色になります。手の油や汗だったりも確実に染み込んでますが、、そうゆうのも含めて使っている時間と証、愛着も増してくるんですよね。同素材のコインケースも同様の深い色になってきますよ。
まだ2年なので更に変化していくのが楽しみです。

革ものは特にパッと気軽に短時間で試すみたいな事はできる物じゃなく、どちらかと言えば使い込まなきゃ良さもひきだせない道具のようなものなので、どんな感じで味がでてくるのか参考にみてもらえたらと思います。顧客さんのリクエストでもあるのですが。

デニムの色落ちだったり長く使い込んだ感じまた紹介しますね。自分のはもうこんないい感じですよ〜!と見せにきてくれるのも楽しみにしとります!!場合によってはそんなお客さんのを紹介させてもらいます。生活の一部にもなっているボロボロになるまで愛用してくれたの見るのははほんと嬉しいです。

 
indyvisualではGOODSの製作やライブの物販等手伝わせてもらっていたり20年来の仲間であるShing02 が、先日、Sauce81とのアルバム『S8102』をリリースしたばかりですが、更に昨日1月11日新作『246911』を発表しました!

2008年発売の『歪曲』以来なので10年半ぐらい振りの日本語アルバム、相当待ってた人多いと思いますね〜

まずこちらからデジタルブックレットをダウンロードして、リリックとあわせて是非!! 和の要素、良いです。

indyvisualとしてはShing02ニューグッズとして246911Tシャツを製作予定してますのでまたチェック下さい。

 
246911
Produced by SPIN MASTER A-1
Written and performed by Shing02

Recorded at Lana Lane Studios, Honolulu
Mixed and mastered by Shing02 at Annen Annex
Graphics and layout bu Urban Demographics
246911 title tags by Render
Far West Side Records 2019
e22.com/246911

 

 
本日初売りでindyvisualは2019年営業スタートです。
15年前くらいにOUGHTの卸先だった山形のお店キッズ=メタフで育って音楽等カルチャーからOUGHTを当時好きで着てくれていた人が、東京で暮らしていてちょうど昨日昔好きだった服OUGHTを検索してindyvisualの存在を知って喜んで、その勢いで今日奥さんと赤ちゃんと初めて来店してくれたという時を経ての出会いが新年のはじまりでした。山形でメタフをやっていた飯野さんにも改めて感謝です。。
同じようなカルチャーが好きだった人が色々経て大人になったいま着れる服である事は、まさに目指すところなので大変嬉しい仕事はじめになりました。

今年はより突き抜けていきますよ。本年も宜しくお願い致します。

indyvisual

 
2018.Ought.fw.Photo by Hirama Takashi. Model: Remi

本日indyvisualは仕事納めです。

本年もありがとうございました。良いお年をお迎え下さい。

2019年も引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

☆ 新年1月3日の初売りからサンプルと一部商品SALE行います。感謝SALEです是非お越し下さい!!

 
昨日は毎年恒例のindyvisual / Ought 忘年会をノベルティーのシーズンMIX TAPEを担当してもらったDJ TSU(KITEN RECORDS)がやっている宮崎地鶏屋 KITENで今回もindyvisualで取り扱いや仕事で関わりのある身じかな顔ぶれだけで行いました。

楽しく食べて飲んで、自分も含め今日は後半の記憶がない二日酔いの人が続出、、良い締めくくりになりました。集まってくれた皆様本年もありがとうございました。

2019年も引き続きよろしくお願いします!

来春夏展示会が一週遅れた分、この12月は自分は年末ギリギリまで修正や量産発注等やる事がまだまだ山ずみなので最後もう一踏ん張り、、まっただ中です。。
去年も同じ書いてて一週展示会を早めないと年末は駄目だなと思っていた反省を今年繰り返したのでここに刻んで来年の目標の1つに。精進します。。

今年ももう店の営業も残すところ2日となりましたが、最後顔出せる人は是非です。会えなかった人も皆様体調に気をつけて最後良い締めくくりにしてください。