indyvisualでグッズの取り扱い等お世話になってるアーティストHITOTZUKI (KAMI+SASU)が2月12日より個展を開催します。是非足運んでみてください。

 
HITOTZUKI EXHIBITION 「Decode」

タイトルである、読み解く、あるいは(暗号を)解読するという意味の「DECODE」では、HITOTZUKIの制作現場のリアリティから抽出された現代を「読み解く」ための新作群が発表される予定です。

2021年2月12日(金)-3月13日(土)13:00 – 19:00  

Venue: SNOW Contemporary
東京都港区西麻布2-13-12 早野ビル404
404 Hayano Bldg. 2-13-12 Nishiazabu, Minato-ku, Tokyo, JAPAN 106-0031

* 日・月・祝日、は休廊となります。
* 会期は状況に応じて変更になる可能性がございます。

 HITOTZUKI (KAMI+SASU) WEB SITE : http://www.hitotzuki.com/

 
新年は3日からindyvisualスタートしてますが、今年一番はじめの紹介になります!

先月入荷した2020 lateモデルも好評のAREthから久しぶりとなるMiddle Soxが到着しています。

個人的にシューズ同様 馴染む履き心地と何より厚みがあってしっかり丈夫なのが好きで自分は毎回AREthのSOXがでるたびにストック分も購入してしるのですが、さすがに前回の4.5年前から履いてたののストックもさすがにへたってどうしようかと思っていたところに嬉しい入荷です。

 

 
AREthらしいシンプルで、素材と履き心地にこだわった今時季ちょうど良い肉厚のミドルソックスは、AREthのライダーでありアーティストとして活動もしているJAHIの描いた味のあるAREth Logoが足裏に施されてます。

 

 
ホワイト、イエロー、ヘザーグレーの3色で、足先のところにもさりげなく配色で色が入っています。

縫製の糸を”ドラロン綿®” という特殊アクリルファイバーを使用し、通常のアクリルコットン素材と比べソフトな風合いが特徴で、天然系抗菌防臭加工”ロンフレッシュ®”が繊維に付与されており、デオドラント効果付きです。足底からかかと部分と足首より上の部分は裏パイルにすることでクッション製を高め、ソックス口3cmと足首部分3cm、土踏まずから乞うにかけて5cmのリブ仕様にすることでホールド性を高めるなど細部にAREthらしいこだわりが盛り込まれています。 そういうところがまた良いんですよね。

以前のからまた進化してホールド感を増していたり裏パイル部分も増えてクッション性は強化していたり更に調子良い感じで、実は個人的に既に各2足買いました!
たぶん無くなる前にストック分もまた。。

お薦めです〜!!

 
AREth website : http://www.areth.jp/

 
本日初売りから営業開始しました。
東京は特にいつものように気軽に顔出しにという感じではないですが、、近場の来れる人は挨拶がてらよってくれたりしています。

2021 自分の気持ちに従ってより精進していきたいと思います。

本年も宜しくお願い致します!

indyvisual

 
indyvisualは本日が仕事納めです。

本年もありがとうございました。ご家族ともに健康第一で良いお年をお迎え下さい。

2021年も引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

☆ 新年1月3日の初売りからサンプルと昔の掘り出し物も含めた一部商品SALEと合わせてスタートします!

 
いつもありがとうございます。

indyvisualの年末年始休業と営業日をお知らせを致します。

*********************************************************

営業最終日  12/29(火) 18:00 まで
休業日    12/30(水)〜 1/2(土)
営業開始日  初売り1/3(日)13:00から (サンプルと一部商品SALE以外にも今回掘り出し物が)

*********************************************************

オンラインストアの発送業務等も同じくさせていただきます。

宜しくお願い致します。

この年末年始ご家族ともにお身体ご自愛下さい。

 
ダイブ寒くなってきて、今年はもあっという間に年末という感じになってますが、そんな中12/16〜20とindyvisualではショップオリジナルブランドOUGHTの2021春夏展示会を行っていました。

この状況なので今年は恒例のindyvisual忘年会は断念したのですが、それもあって展示会で今年最後にとここ数年で一番沢山身近な仲間内がここに予約してきてくれました。。車じゃない人はビール一缶乾杯して話ししたり、一人一人と少しずつでもゆっくり話せたのでこれはこれで良い締めくくりになったなと思います。

気をつけつつ12月の忙しい時期に足運んでくれた皆様ありがとうございました。

このコロナで新しいやり方や変わらなきゃ的な風潮が強いですが、自分は正直この店にいて特に感じてるのは変わらない大事なこと。人の気持ちや熱意、会って一緒に過ごして気持ちを伝えたり話すことの重要さやその場でしか味わえないこと、元々大事に思ってることではありますがより強く感じることもできたり、これからより大事に貴重になってくるということでした。

どう大事にしていくかが従来のやり方だけですまない場合が出てくるとは思いますので、その為に必要な変化は常に重要で、良い時より困難の中に必ず見いだせる光があると信じています。それぞれに合った光があるはずなので自分でみつけていきましょう。

そんな感じてることを2021春夏はメッセージにしたTシャツや素材にこだわった心地良い服を見てもらえたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 
今回も大変長らくお待たせしました! AREth Late 2020モデルが到着しましたよ〜

AREthは、スケートシューズとして横乗りのカルチャーや音楽、アーティストが背景にある日本のブランドです。

幅広で甲高の足が多い日本人の足型をベースに履き心地や素材にこだわってつくられた靴で、indyvisualでは取り扱いさせてもらって10数年になりますが、足が楽で履き心地でリピーターになる人が本当に多く、シンプルなフォルムと独自の他にない色が一般のお客さんにも好評です。
 
それと、

まだまだ浸透してないのでまた書きますが、AREthサイズ展開は23.5からなので女性もサイズありますのでみてみてください。取り扱いはメンズの店がほとんどなので良くあるパターンとしては、23.5とか取り寄せじゃないと無くて試着ができず、まだサイズも決まって無いのに取り寄せは、、、という話を聞くことが多いので、そんな人のためにindyvisualでは23.5から24.5あたりをAREthは足型がどのモデルも同じなので何かしらで試せるように置いてます。気軽に声かけてください。

 
AREth Late 2020モデルは、店頭とオンラインストアにて全モデル本日販売開始しましたので見てもらえたらです!

よろしくお願いします!
 
AREth website : http://www.areth.jp/

 
東京は朝晩冷えるようになってきて、そろそろこのメルトンジャケットのなかにカットソーやシャツくらいから着れるかなという感じになってきたので紹介します。

ショート丈で動きやすいこのタイプはコーチジャケットの延長で着れてお薦めです。

 

 
身幅やアームを太めにしたゆとりあるボックスシルエットをヘビーメルトンで仕上げているので特徴的な張りと膨らみがでて、レトロな雰囲気と特徴的なモダンなシルエットがうまくミックスされた独特の着た感じです。

 

 
二重織りでしっかり目の詰まった上質なメルトン生地を使用し、一枚物ですが度詰めのメルトンは風を通さず保温性高いのと、中に充分着込めるゆとりあるサイズ感なので真冬くらいまでいけると思います。

 

 
はじめは少し生地が硬く感じるかもしれませんが、着ていくと馴染んで柔らかく自分のかたちになり、風合いも増していきます。この裾や袖口等全パーツの切りっぱなしは着ていくと少しづつほつれてきてまた良い味に。デニムやレザーのような感覚で、時間をかけて育てて欲しいジャケットです。

ウール素材の品の良さと切りっぱなしの粗野な感じのバランスで綺麗すぎず良いですよ。

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/

 
これからの時季にちょうどコート感覚でも着れるウールローブが届きました。

昔カリフォルニアで良くみたホームレスやその辺のオッサンがヨレヨレのTシャツにガウン羽織って短パンにサンダルみたいなカッコで家でもどこでもそのまま歩いてるイメージが好きで、追い求めて作っています。

 

 

 
このウールローブは肉厚なウールフリースのような柔らかく暖かいリサイクルウール素材なので、ゆるくオーバーサイズでカーディガンや軽いコートとしてラフに羽織って欲しいと思います!
中にも結構着れるので真冬以外は充分な暖かさです。

ネイビーとブラックの2色展開で、がばっと羽織れるゆったり目なサイズ感の2サイズです。ユニセックスで女性にも好評ですよ。

 
そして、ゆるくラフにと言いつつ、、このlookでのスタイリングをみてもらいたいのですが、
 

 

 
これは中見えませんがネイビーニット少し細めなLポケネイビーチノを合わせて綺麗目な雰囲気にしていて、着方によってコートっぽく少しきちっとした感じにもなるのが分かると思います。

家でも寒い時は羽織ったり、ちょっと近所のコンビニいくときや車で出かける時にパッと持ってでたりも使えますが、外出時に大人っぽく綺麗目にも合わせられるので是非着方もいろいろと楽しんで試してみて欲しいと思います!重宝しますよ〜

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/

 
OUGHTではいままでも風合いが良いコットンリネンやリネン100%素材を使ったものも作ってきていますが、今季は個人的に凄く好きで気になっていたリネンウール素材で4つのアイテムを作りました。

アノラックジャケットドローストリングパンツバケットハットです。

 
この生地は通気性と保温性にすぐれた麻素材にウールをブレンドすることで秋冬でも暖かい柔らかいリネンウール素材を後染めで染色し何度も洗いをかけて仕上げているもので、ほど良いウールの風合いと粗野感がでていて雰囲気良いです。厚みもあり春先や秋冬重宝しますよ。

 

 
まずアノラックから紹介します。

ミリタリーとトレーニングウエアのアノラックを合わせたイメージなのですが、スウェットや厚手のニットの上にもがばっと着れるゆったりしたオーバーサイズで、この素材ともあいまってたっぷりしたフォルムが出るのが特徴です。柔らかく着心地も良く、化学繊維ではでない風合いと品の良さもありつつもスポーティーというかなんというか不思議な良さです。

 
存在感のあるシルエットなのでフロントの長めなプルオーバーファスナーと大きめのポケット以外極限までシンプルに仕上げています。1枚仕立てです。

 
 

 
続いてお薦めのジャケットですが、写真見ても分かるように素材のドレイプ感を生かしたルーズフィットで、羽織った時にいきなり味がある何年も着て馴染んだようなウールの風合いで雰囲気が凄くでます。

 
堅過ぎない感じで着れて、ロンTeeやシャツでもニットの上でも何でも合わせられるのでこれは一枚持ってたらほんとに重宝する人多いと思います。

 

 
表から見えない仕様で、左胸には内ポケットも。

 

 
そして、このジャケットやアノラックとセットアップで合わせられるリラックスシルエットのドローストリングパンツは、素材特有の良い落ち感と柔らかさで、展示会で試着した時に皆驚いてたくらいビックリする新境地の履き心地良さです。
 

 

 
ウエストはゴムと平紐、フロントは突っ張らないようボタンフライ仕様に。

綺麗目にもラフにも革靴でもスニーカーでも、なんならハイテクスニーカーも合うので気に入ったら単体で2色買いしちゃうやつやつかもです。。

とここまでは、セットアップでも着用できる同素材アイテムですが、

最後に紹介するのは、バケットハットです。これはアノラック、ジャケット、パンツの残生地を生かして少量作っています。

 

 

 
シンプルだからこそ被ったときの深さやシルエットにこだわったオリジナルで、やはり帽子でもこの素材特有の被った時にいきなり味がある何年も被っていて馴染んだようなウールの風合いで雰囲気が良いです。

 
同素材各アイテムの良い部分をまとめて書きましたが、、渾身の素材と着てみた時にわかる適度なゆとりとこの良いフォルム、文章だけじゃ伝えきらないのでとにかく一度是非試してみて欲しいです!!

 
リネンウール各アイテムともベージュ、チャコール、ブラックの3色展開で、それぞれの詳細はまた店頭、オンラインストアで見てもらえればと思います。

 
よろしくお願いします!

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/