Post Tagged : indyvisual

OUGHT Original Sweat Pants

2020/9/18

 
ここのところ来週末に行う予定のLOOK撮影に向けて準備におわれています。。やっと見通しが立ったところです。

これからそのLOOKでも着用する新アイテムが届いたので先になっちゃいますが紹介します。

前々からお客さんの声もあったのですが、好評のオリジナルクルーネックスウェット、ジップフードと同色同素材でセットアップでも着れるOUGHTオリジナルの少しゆったりとしたリラックススウェットパンツを作りました。合わせてオリジナルクルーネックジップフードも再生産してますので見てもらえたらと思います!

 

 
一般的なスウェットパンツというよりは、裾にはしぼりをつけず普段履きもできるパンツシルエットにしています。
目の詰まったしっかりとした厚手の裏毛ですがニットのような柔らかい素材で履き心地良いですよ。

 

 
股下部分をガゼットのような仕様にすることで、適度なゆとりと可動域の広さが楽で動きやすくなってるのですが、
クルーネックとジップフードも脇を同じ仕様にしていて、脇からアームをまたいだハギがマチのようになり、たっぷりしたゆとりとフォルムが出るのが特徴です。

 

 

 
着てみた時にわかる適度なゆとりとこの良いフォルム、是非試してみて欲しいです。

 
オリジナルクルーネックジップフードスウェットパンツは本日販売開始しました。よろしくお願いします!

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/


AREth L/S Tee

2020/9/5

 
9月に入りましたがまだまだ暑さは続きそうですね、、台風も増えてきていて今もの凄いやつ九州は近づいてるそうですが、、明日明後日心配です。
健康と安全にくれぐれもお気をつけ下さい。

そんなときにすみません、、

まだまだTシャツも活躍するこの時期にちょうど、新たにAREthから関わりのあるアーティストのデザインで、ショートスリーブとロングスリーブTシャツが同色同デザインで2種類新作が届いてるのでお知らせさせてもらいます!indyvisualではオンラインストアにはロングスリーブだけ出していますが、店頭にショートスリーブもありますので、もし欲しい場合ご来店か問い合せいただければと思います。

 
新作1つ目は、Stamp tee

 

 

 

 
ホワイトとブラックの2色展開で、フロント左胸にAREthロゴ、バックにはAREthシューズのインソールに施されたこともあるMakoto Yamakiデザインのスタンプロゴがシルクスクリーンプリントされています。

 
Makoto Yamaki :
1977年生まれ。絵描き。1999年より単身ニューヨークへ渡り、スケートボードとペンを携え旅を始める。2002年には初の個展をバンクーバーにて開催。帰国後、THENORTHFACEとのコラボレーションによりロッククライミング日本代表ユニフォームのデザイン、YES.NOWBOARDのボードデザイン、L.I.F.E.のグラフィックワーク、LSP ”Days in whistler” DVDジャケット、またアートマガジンJAXTAPOZ、+81MAGAZINE、などさまざまな雑誌にも掲載される。現在は、看板デザインやロゴデザインなどをすべてハンドレタリングで行い、藍染め職人” LITMUS,Stay indigo”との作品制作にも力を注ぎ日々活動の場を広げている。

 
そして、2つ目は、Galaxy tee

 

 

 

 
こちらもホワイトとブラックの2色展開で、フロント左胸にAREthロゴ、バックにはAREthカタログデザインもしているNao Haradaのアートワークがスエード調の少し盛り上がった特殊プリントされています。

Early2020 Modelのカタログ内にも落とし込まれているアートワークです。

 
Nao Harada :
Utility Man, also,
Designer / Painter / Art Director
This Doodle-based Dude
Creates Widely Narrow
From Prints To Motion Graphics
Occasionally Animation
Paints Irregularly
Lives In Tokyo

 
店頭、オンラインストアともにAREthのStamp L/S teeGalaxy L/S teeの販売開始しましたので、よろしくお願いします! ショートスリーブは欲しい場合問い合せください〜。

☆既に欠品サイズでていますが、9月末に再入荷予定です!


OUGHT “Nothing More, Nothing Less” S/S Tee

2020/8/14

 
しかし猛暑ですね、、東京はコンクリートと室外機のおかげで体感温度が余計にしんどい感じになってます。。気をつけていきましょう。

そんな中ですが、秋冬入荷開始します。今月はまずTシャツからです。

 

 
OUGHTの基本コンセプトである”Nothing More, Nothing Less”を文字通りシンプルに形にしたポケットTシャツです。このご時世だからこそ今思うメッセージでもあります。

 

 
フロントはポケットのみ、

 

 
バックプリントにメッセージ”Nothing More, Nothing Less” 『それ以上でもなく、それ以下でもなく』 をシルクスクリーンプリントで。

ボディカラーはホワイト、グリーン、ブラックの3色になります。同色のロングスリーブTシャツも9月前半に発売します。

 
店頭、オンラインストアともに“”Nothing More, Nothing Less”S/SポケットTシャツの販売開始しましたので、よろしくお願いします!

 
20年目を向かえた今年は、自分がOUGHTindyvisualのショップオリジナルとしてリスタートしてちょうど10年になります。その時のTシャツもコンセプトメッセージだったのですが、改めてこれからも”Nothing More, Nothing Less”をより突き詰めていきたいと思います。

身に着ける人の個性を引き立てるための上質で洗練された洋服や洋服に取り入れたカルチャーを感じてもらいたいです。

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/


indyvisual夏期休業と営業日のお知らせ

2020/8/5

 
いつもありがとうございます。

indyvisualは、8月15日(土)から8月21日(金)までの7日間を
夏期休業とさせて頂きます。

8/14まではお盆中も営業してます。引き続き時間は12:00〜19:00の短縮営業です。
今年は、関東、特に都内在住の人は残念ながら帰省できずに残っている人も多いと思いますので、暇を持て余していたら話しがてら顔出してください。

オンラインストアご注文や問い合わせは夏期休業中の受付可能ですが、返信や発送業務は営業開始日となる8/22(土)以降となりますのでご了承下さい。

宜しくお願い致します。


SAMPLE SALE

2020/8/3

 
やっと梅雨も明けて、暑くなりましたね〜
東京はちょうど8月から夏がスタートした感じですが、今週から indyvisualではオリジナルのOUGHTの新旧とわず夏物に限らず秋冬も着れるアイテムも含めサンプルセールを行いたいと思います。帽子等もありますよ。

8/8(土)から店頭の片隅にサンプルラックを出しますので是非!

もちろん一般のお客さん対象です、来られる人は感染予防気をつけてお越し下さい。
よろしくお願いします!


KZTK MIX CD

2020/7/25

 
indyvisual来た時に店で流れてる音聞いて気になってた人に朗報です。
店で話しながら聞いてても心地良い感じなので、本当に良くリピートしてかけてるのですが、このMIX良いですね、誰のです?とよく聞かれて紹介している新潟は魚沼市でSEASONというSHOPをやっているKZTKのMIX CDを店頭のみで販売できることに。

家で過ごす時間も増えたと思うので、心地良い音楽を是非!


HTZK TEE “AWARE OF DOGMA” 2020

2020/7/24

 

 
アーティストHITOTZUKI(KAMI+SASU)の新作グッズが届きました。
このHTZK TEE “AWARE OF DOGMA” 2020は、HITOTZUKIのオンラインストア予約販売後の買いのがしたお客さんへここでも少量販売できることになりました。

 

 
フロントにはHITOTZUKIのロゴがボディと同色のホワイトで刺繍されています。

 

 
そして、バックプリントにAWARE OF DOGMAがインクジェットプリントではいってます。

 
COLOR : White

Cotton 100%

SIZE : M. L. XL

 
買いのがしていた人はこの機会に是非!

HTZK TEE “AWARE OF DOGMA” 2020は、indyvisual店頭、オンラインストアで本日販売開始しましたのでチェック下さい!!

 HITOTZUKI (KAMI+SASU) WEB SITE : http://www.hitotzuki.com/


AREth Early 2020 model

2020/7/17

 

 

 

 

 

 

 

 
大変長らくお待たせしました〜! AREth Early 2020モデルが届きました!

AREthは、スケートシューズとして横乗りのカルチャーや音楽、アーティストが背景にある日本のブランドですが、シンプルなフォルムと独自の他にない色が幅広く一般のお客さんにも好評です。

幅広で甲高の足が多い日本人の足型をベースに履き心地や素材にこだわってつくられた靴なので、足が楽で履き心地でリピーターになる人が多いAREthですが、更に今回素材の変更や微調整で、従来の同モデルと比べて軽量化と通気性が向上しています。

上のカタログ画像でHEMPマークがついてるものはアッパー素材に麻布(HEMP)が使用されていますのでご確認下さい。

 
AREth Early 2020モデルは、本日店頭とオンラインストアにて販売開始しましたので見てもらえたらです!

まだまだ浸透してないので書いていきますが、AREthサイズ展開は23.5からなので女性もサイズありますのでみてみてください。取り扱いはメンズの店がほとんどなので良くあるパターンとしては、23.5とか取り寄せじゃないと無くて試着ができず、まだサイズも決まって無いのに取り寄せは、、、という話を聞くことが多いので、そんな人のためにindyvisualでは23.5から24.5あたりをAREthは足型がどのモデルも同じなので何かしらで試せるように置いてます。気軽に声かけてください。

よろしくお願いします!
 
AREth website : http://www.areth.jp/


OUGHT 2020 Fall & Winter Exhibition

2020/7/11

 
一昨日からindyvisualで、ショップオリジナルブランドOUGHTの2020秋冬展示会を行っています。もちろん感染予防はお互い気をつけて完全予約制ですが。

 

 
20年目を向かえた今年1月、ニューヨークへ人と会う為にいってきたのですが、向こうではファッションの現場を見せていただいて、沢山の話させてもらう機会をいただいて、その中で改めてOUGHTらしさや良いことだけでなく足りないことも含めたこれからより突き詰めるべき大事な部分が明確になりました。自分にとって20数年ぶりのアメリカは原点回帰にもなり本当に勉強になった旅でした。

これからまたコンセプトである”Nothing More, Nothing Less”を形にしていけたらと思います。

展示会は、緊急事態宣言で会えていなかった知人も来てくれいて、ニューヨークでのことや、店舗休業中に改めて再確認した店として沢山の良いお客さんに恵まれ支えてもらってることや考えた大事なこと等々、、久しぶりで色々とつもる話が多すぎて洋服の話がおろそかになってますが、嬉しい時間です。

7/1から店舗営業も時間短縮で再開していて、店頭でも完全にそんな話ばかりでやってます。
世界が大きく変わり続けるこの数ヶ月に、個と個が繋がるツールがあることのありがたさは感じてますが、同時にやはり会って一緒に過ごして気持ちを伝えたり話すことの重要さやその場でしか味わえないことについて、元々大事に思ってることではありますがより強く感じることもできたり、それができる店というこの場の存在意義やあり方も再確認しています。

是非話しがてら遊びにきてください、楽しみにしています。引き続きよろしくお願いします!


通常営業の再開と営業時間の変更について

2020/7/1

 
いつもありがとうございます。

indyvisual店舗はコロナウイルス感染予防のため徐々に再開ということで、6月30日まで店舗営業を予約制で行ってきましたが、本日7月1日から通常営業を再開、営業時間を少し短縮変更致します。

定休日 : 月曜日(祝日の場合は翌日)
営業時間 :  平日、土、日 12:00~19:00

状況をみて変更になることもありますので、その場合はまたお知らせさせていただきます。

尚、引き続き感染予防のため自分もご来店いただくお客様もお互いに気をつけていきたいお願いがあります。ご来店頂く際は必ずマスクの着用をお願い致します。発熱やだるさ等、体調に変化のあるお客様はご来店をご遠慮いただきますようお願いいたします。

ご不便、ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解ご協力を宜しくお願い申し上げます。

お会いできるのを楽しみにしています!