Post Tagged : daikanyama

AREth Early 2021 model

2021/8/7

 

 

 

 

 

 

 

 
大変長らくお待たせしました! AREth Early 2021モデルが到着です!

AREthは、スケートシューズとして横乗りのカルチャーや音楽、アート、それぞれの分野で活躍する表現者達とのつながりを背景に、自分達の考えるライフスタイルに合う、より地に足のついた”あしもと”の提供を目指す日本のシューズブランドです。

幅広で甲高の足が多い日本人の足型をベースに履き心地や素材にこだわってつくられた靴で、足が楽で履き心地でリピーターになる人が本当に多く、シンプルで少し丸みのあるフォルムとこの独自の他にない色が好評です。

indyvisualでは取り扱いさせてもらって10数年になりますが、AREthは新型をひたすら出すようなブランドではなく、微調整されながら同じ形の色違いが毎年リリースされていて、新しいも古いもなく毎年常にこの感じが好みの人が初めて見つけて来てくれるということが未だに続いていいます。ブレずに大事に地道に育ててそれが共感を得て浸透していく、本当に凄いことだなと思います。

履き心地の良さで初めてのお客さんによく話すのですが、是非試しに一週間毎日履いてみてほしいです。そして久しぶりにもともと持っていた他のスニーカーを1日履いてみるとびっくりしますよ。AREth本当に足が楽なのがわかると思います。

 
AREth Early 2021モデルは、店頭とオンラインストアにて本日販売開始しましたので見てもらえたらです!AREthサイズ展開は23.5からなので女性もサイズありますので気になる人は是非!

よろしくお願いします!

 
AREth website : http://www.areth.jp/


HITOTZUKI EXHIBITION “Decode”

2021/1/24

 
indyvisualでグッズの取り扱い等お世話になってるアーティストHITOTZUKI (KAMI+SASU)が2月12日より個展を開催します。是非足運んでみてください。

 
HITOTZUKI EXHIBITION 「Decode」

タイトルである、読み解く、あるいは(暗号を)解読するという意味の「DECODE」では、HITOTZUKIの制作現場のリアリティから抽出された現代を「読み解く」ための新作群が発表される予定です。

2021年2月12日(金)-3月13日(土)13:00 – 19:00  

Venue: SNOW Contemporary
東京都港区西麻布2-13-12 早野ビル404
404 Hayano Bldg. 2-13-12 Nishiazabu, Minato-ku, Tokyo, JAPAN 106-0031

* 日・月・祝日、は休廊となります。
* 会期は状況に応じて変更になる可能性がございます。

 HITOTZUKI (KAMI+SASU) WEB SITE : http://www.hitotzuki.com/


AREth Late 2020 model

2020/12/4

 

 

 

 

 

 

 

 
今回も大変長らくお待たせしました! AREth Late 2020モデルが到着しましたよ〜

AREthは、スケートシューズとして横乗りのカルチャーや音楽、アーティストが背景にある日本のブランドです。

幅広で甲高の足が多い日本人の足型をベースに履き心地や素材にこだわってつくられた靴で、indyvisualでは取り扱いさせてもらって10数年になりますが、足が楽で履き心地でリピーターになる人が本当に多く、シンプルなフォルムと独自の他にない色が一般のお客さんにも好評です。
 
それと、

まだまだ浸透してないのでまた書きますが、AREthサイズ展開は23.5からなので女性もサイズありますのでみてみてください。取り扱いはメンズの店がほとんどなので良くあるパターンとしては、23.5とか取り寄せじゃないと無くて試着ができず、まだサイズも決まって無いのに取り寄せは、、、という話を聞くことが多いので、そんな人のためにindyvisualでは23.5から24.5あたりをAREthは足型がどのモデルも同じなので何かしらで試せるように置いてます。気軽に声かけてください。

 
AREth Late 2020モデルは、店頭とオンラインストアにて全モデル本日販売開始しましたので見てもらえたらです!

よろしくお願いします!
 
AREth website : http://www.areth.jp/


AREth Early 2020 model

2020/7/17

 

 

 

 

 

 

 

 
大変長らくお待たせしました〜! AREth Early 2020モデルが届きました!

AREthは、スケートシューズとして横乗りのカルチャーや音楽、アーティストが背景にある日本のブランドですが、シンプルなフォルムと独自の他にない色が幅広く一般のお客さんにも好評です。

幅広で甲高の足が多い日本人の足型をベースに履き心地や素材にこだわってつくられた靴なので、足が楽で履き心地でリピーターになる人が多いAREthですが、更に今回素材の変更や微調整で、従来の同モデルと比べて軽量化と通気性が向上しています。

上のカタログ画像でHEMPマークがついてるものはアッパー素材に麻布(HEMP)が使用されていますのでご確認下さい。

 
AREth Early 2020モデルは、本日店頭とオンラインストアにて販売開始しましたので見てもらえたらです!

まだまだ浸透してないので書いていきますが、AREthサイズ展開は23.5からなので女性もサイズありますのでみてみてください。取り扱いはメンズの店がほとんどなので良くあるパターンとしては、23.5とか取り寄せじゃないと無くて試着ができず、まだサイズも決まって無いのに取り寄せは、、、という話を聞くことが多いので、そんな人のためにindyvisualでは23.5から24.5あたりをAREthは足型がどのモデルも同じなので何かしらで試せるように置いてます。気軽に声かけてください。

よろしくお願いします!
 
AREth website : http://www.areth.jp/


AREth late 2019 model

2019/12/1

 
お待たせしました〜! AREth late 2019モデルが届きました!

AREthは、スケートシューズとして横乗りのカルチャーや音楽、アーティストが背景にある日本のブランドですが、シンプルなフォルムと独自の他にない色が幅広く一般のお客さんにも好評です。

幅広で甲高の足が多い日本人の足型をベースに履き心地や素材にこだわってつくられた靴なので、足が楽で履き心地でリピーターになる人が多いAREthですが、今までのモデルは、初めノリが利いているような堅さがある状態から、何回か履いていくと革が柔らかくなって馴染んでくるものでしたが、今回のモデルは初めからある程度柔らかさを出して、すでに馴染んだ状態で履いているくらいストレスの無い仕様になっています。

 

 
店頭とオンラインストアで販売開始しましたのでご覧下さい。

まだまだ浸透してないので書いていきますが、AREthサイズ展開は23.5からなので女性もサイズありますのでみてみてください。
取り扱いはメンズの店がほとんどなので良くあるパターンとしては、23.5とか取り寄せじゃないと無くて試着ができず、まだサイズも決まって無いのに取り寄せは、、、という話を聞くことが多いので、そんな人のためにindyvisualでは23.5から24.5あたりをAREthは足型がどのモデルも同じなので何かしらで試せるように置いてます。気軽に声かけてください。

よろしくお願いします!
 
AREth website : http://www.areth.jp/


AREth early 2019 model

2019/5/31

 

 

 

 

 

 

 

 
お待たせしました〜AREthのearlyモデルが届きました!

AREthは、スケートシューズとして横乗りのカルチャーや音楽、アーティストを背景にし日本のブランドですが、この流行に左右されないシンプルなフォルムと独自の他にない色が幅広く一般のお客さんにも好評です。

幅広で甲高の足が多い日本人の足型をしっかり考えて履き心地や素材にこだわってつくられた靴なので、一日履いていても足が楽で履き心地でリピーターになる人が圧倒的に多いです。一週間履いて久しぶりに違う元々もってたスニーカーとか履くと履き心地違いに驚きますよ!

 
モデルごとの詳細は店頭とオンラインストアでご覧下さい。カタログに載ってないPLUGのオールブラックも再生産されましたのでお見逃し無く。

それと! まだまだ浸透してないですが、AREthサイズ展開は23.5からなので女性もサイズありますのでみてみてくださいね〜
だいたいメンズの店においてるので良くあるパターンとしては、23.5とか取り寄せじゃないと無くて試着ができず、まだサイズも決まって無いのに取り寄せは、、、という話聞いたりするので、そんな人のために
AREthは足型がどのモデルも同じなので何かしらで23.5から24.5あたり店頭で試せるように置くようにしましたので、気軽に声かけてください。せっかく気になっても初の場合まず試着してからじゃ無いとですよね。

よろしくお願いします!
 
AREth website : http://www.areth.jp/


AREth新作 / late 2018 model 入荷

2018/10/12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
AREth late 2018モデルがindyvisual店頭、オンラインストアに入荷しました。

AREthは、スケーターに限らず音楽やる人やアーティスト、カルチャーが好きな人だったり、幅広く一般のお客さんもこの流行に左右されないシンプルなフォルムと独自の他にない色が好評ですが、
お店で長年取り扱ってきてリビーターのお客さんから理由として何より聞くのは、履き心地でという人が圧倒的に多いです。幅広で甲高の足が多い日本人の足型をしっかり考えて履き心地にこだわってつくられた靴なので、一日履いていても足が楽で本当に良いんですよね。幅広な為にいつも大きめのサイズを履いてきた人は是非試してみて欲しいシューズです。

自分自身が初期のモデルから個人的に好きで履き続けて、そこからさらに取り扱いお願いして今に至り、良さを伝えさせてもらっています。自信もってお薦めです。
一週間履いて久しぶりに違うスニーカーとか履くと本当に履き心地違いに驚きますよ。。

今季はヌバックレザーのベルクロが新たに加わったのと、IIのブラウンレザーや、LOXのブラックウールなどのAREthでは初の素材がまた良い感じです。IIはヒモの穴の数が減り高さが少し低くなって履き口が広がり以前より脱ぎ履きがしやすくアップデートされています。全モデル各色揃えてますので、モデルごとの詳細はオンラインストアでご覧下さい。AREthサイズ展開は23.5からなので女性もサイズありますよ!!

 
AREth website : http://www.areth.jp/


AREth新作 / Early 2018 model 入荷

2018/6/8

 

 

 

 

 

 
本日indyvisual店頭、オンラインストアでAREthのEarly2018モデルが入荷しました。

PLUGBULITLOLLSOLfantasticoと全モデル各色揃えてますので
是非チェック下さい。AREthサイズ展開は23.5からなので女性もサイズあります!

 
AREthは、スケーターに限らず音楽やる人やアーティスト、カルチャーが好きな人だったり、幅広く一般のお客さんもこの流行に左右されないシンプルなフォルムと日本人にあった足型、履き心地の良さでリピーターが日々増えています。日本人に多いと言われる足が幅広で甲高の人は、機会があれば是非一度試してほしいシューズです。自分に合ったサイズではけるの驚きますよ。

indyvisualストアオリジナルブランドOUGHTのシーズンカタログで着用しているモデルLOLLもありますので、合わせて見てみてください。

 
AREth website : http://www.areth.jp/


EDGE OUTDOOR WORKS / LEDジャーランタン “Turn to light” 入荷

2018/5/2

indyvsl-edge-jarlight4

 
アウトドア職人が自分で作りたい物を工房で一点一点ハンドメイドで製作しているガレージメーカーEDGE OUTDOOR WORKSに別注でお願いしてindyvisualで昨年から取り扱いさせてもらうことになったLEDジャーランタン “Turn to light”、キャンプやプレゼントにと好評でおかげさまで完売となっていましたが、ちょうど良いシーズンになってきたので今年もお願いして作ってもらいました。

 
indyvsl-edge-jarlight3

 
上下をひっくり返すと点灯消灯するライトで、キャンプやバーベキューのテーブル照明、火を使わないLEDなのでお子さんずれの方も安心して使いやすく、テントや車内での使用に最適です。持ち運びもでき非常時のライトや、普段家などで間接照明として使っても良いですよ。

 
indyvsl-edge-jarlight1

 
indyvsl-edge-jarlight2

 
サイズ : 幅約70mm×高さ約130mm
Ballメイソンジャー、吊り金具、単4電池2個(動作確認用)付属
*ジャーの口径が合えば他の瓶でもライトのユニットを着けて使えます。

 
indyvisual店頭オンラインストアで販売開始しましたのでチェック下さい!
少量ずつ製作してもらうので、不定期入荷になりますが旅のお供に是非 !!


HIDDEN CHAMPION ISSUE#48

2018/4/9

HIDDEN_CHAMPION_48

 
スケート・ストリートカルチャーやアートシーンを発信している フリーマガジンHIDDEN CHAMPION / ISSUE 48 店頭で配布してますのでチェックください。

表紙にもなっている日本のグラフィティシーンを代表するライターの一人でもあり、「人間のもつ矛盾」などをテーマに作品制作を展開するTENGAone特集や、indyvisualでも繋がりあるYuma Yoshimuraのインタビューも。