Post Tagged : ブルゾン

Melton jacket

2020/11/12

 
東京は朝晩冷えるようになってきて、そろそろこのメルトンジャケットのなかにカットソーやシャツくらいから着れるかなという感じになってきたので紹介します。

ショート丈で動きやすいこのタイプはコーチジャケットの延長で着れてお薦めです。

 

 
身幅やアームを太めにしたゆとりあるボックスシルエットをヘビーメルトンで仕上げているので特徴的な張りと膨らみがでて、レトロな雰囲気と特徴的なモダンなシルエットがうまくミックスされた独特の着た感じです。

 

 
二重織りでしっかり目の詰まった上質なメルトン生地を使用し、一枚物ですが度詰めのメルトンは風を通さず保温性高いのと、中に充分着込めるゆとりあるサイズ感なので真冬くらいまでいけると思います。

 

 
はじめは少し生地が硬く感じるかもしれませんが、着ていくと馴染んで柔らかく自分のかたちになり、風合いも増していきます。この裾や袖口等全パーツの切りっぱなしは着ていくと少しづつほつれてきてまた良い味に。デニムやレザーのような感覚で、時間をかけて育てて欲しいジャケットです。

ウール素材の品の良さと切りっぱなしの粗野な感じのバランスで綺麗すぎず良いですよ。

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/


OUGHT Utility coach jacket

2019/10/15

 

 
コーチジャケット好きは是非着てみて欲しいOUGHTのユーティリティーコーチジャケットが到着したのでご紹介です!

 
自分の周りは同じようなカルチャーが好きだったり世代的にもそうゆう人多いですが、なんだかんだ流行り云々関係なく自分たちが良く着る着続けてるアイテムの1つ、コーチジャケットはかれこれ20年以上着てます。。

有りボディのコーチジャケットもあのいい意味でチープな感じが良かったり、作り込まれた物もいい部分はいいのですが、普通にシンプルに無地で形も素材も良い今自分たちが着たい好みなのがなかなか無いんだよね〜、、とindyvisualでお世話になっているアーティストとも話していたところから、自分達が思う納得がいくやつ妥協せず作ろう! ということになり、今着たいシルエット、ここは必ず必要という部分やいらない部分、意見をもらい仕様面を相談しながら完成しました。

 

 
ゆったり目でコーチジャケットらしいワイドシルエット等雰囲気を残しつつ質の良いしっかりした素材でとにかくシンプルに普段の生活に欠かせない必要最低限度の機能を備えた無地のジャケットです。

 

 
完全防水とかじゃないですが、表地には少しの雨水や風を通さないライトでしっかりしたコットンナイロン地、裏地は20デニールのソフトで軽量の高密度リップストップタフタを使用、裏地も撥水で通気性が良い機能素材で、品の良いブラウンとブラックの2色展開です。

 

 
プッシュしたりチャリ乗ったりする時にも重要な通気性として脇にはファスナーでベンチレーション仕様、

 

 

 

 
手ぶらでも表のポケットだけでなく両胸に使い勝手良い内ポケットを着けた4ポケットです。

表ポケット口は逆片玉縁で外から守られて中の物がでにくい仕様、内ポケットはファスナー付きで安心で小物を収納しやすいようなサイズ、左内ポケットには携帯入れて、右内ポケには財布とか手を入れやすい位置等も意識しています。

 
indyvisual店頭オンラインストアで販売開始しましたので是非チェックください !!

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/