Post Tagged : 滋賀県

Classic Band Collar Shirt

2024/4/29

 
昨年に続きOUGHTでは、日本の伝統技法「近江晒し」という特別な加工を施した生地のバンドカラーシャツを作っています。ホワイトプラス今季は新色のブラックを加えました。

漂白や生地を柔らかくする効果がある灰汁を用いて生地を柔らかく、染めやすくするための加工技術が「近江晒し」と呼ばれています。柔らかく高品質な布、近江上布として有名な滋賀県愛荘で培われてきた伝統技法で、近江晒しを施した近江上布は、江戸時代に彦根藩(現在の滋賀県) から将軍徳川家へ献上品として出されるほどの高級品だったそうです。着た時の様子(シルエットや着心地)が良いということで愛されてきました。

古くは木材など植物を燃やして出来た灰を水で溶かした灰汁をかけながら10日間ほど日光に晒し、大釜に入れて灰汁で焚き日光に数回晒し、最後に木臼でたたきもみほぐして水で洗い、晴天の天日で数十日干して仕上げるというもので、職人の高い技術と時間をかけた作業で仕上げられていました。

現在でも滋賀県の湖東地域の主要な産業として伝統の技術や精神を継承した布の生産開発が続けられています。

 

 

 
近江晒しは、揉み込む工程でできる味のある細かなシワ感、程よい反発感と柔らかさのある独特の風合い豊かな生地に仕上がるのが特徴です。

 

 

 
身幅やアームにゆとりがあり身体に触れないようなふんわり膨らみのあるパターン設計と近江晒しを施したきめ細かいコンパクト糸の高密度タイプライター地で素材の特性を活かし体にふれないような膨らみのあるシルエットが実現できました。

そして、

LOOK BOOKでも合わせて着用しているコットンリネンドローストリングショートパンツ

 

 

 

 
同じく近江晒しを施した細かなシワ感や膨らみのあるシルエットがとても良いこちらはコットンリネン素材、ドライな風合いのカーキとブラック2色展開となります。べたっと体につかないのでこれからの季節清涼感があって着やすいですよ。

バンドカラーシャツコットンリネンドローストリングショートパンツどちらも近江晒し特有の生地の風合い、膨らみのあるシルエットの保持と着心地を是非一度体験してほしいです!


Classic short sleeve shirt

2023/5/23

 
昨日より10度下がったりと暖かいのかなんなのか、、ただもう天気良いと暖かいむしろ暑い日が多くなって初夏を感じさせますね。陽も長くなってきました。

これからの時期にちょっど良いOUGHTの定番ショートスリーブシャツが到着してるのでご紹介します。今季はサイズ感など微調整して作りました。

 

 

 

 
生地は、ワッシャー加工されたドライで清涼感のある素材は程よい張りもあるタイプライタークロス地を使用しています。 こちらはコンパクト糸を使用したシャンブレーの高密度タイプライター地に、日本の伝統技法近江晒し加工を施すことで更に程よい反発感と柔らかさ、揉み込む工程でできる味わいのある細かなシワ感が風合いの良い生地です。ライトブルー、ダークネイビー、ホワイトの3色展開になります。

 

 

 
近江晒し特有の生地の風合い、膨らみのあるシルエットの保持と着心地を体験ください。
素材の特性も活かし身幅やアーム袖幅を少し広げて調整しつつ、首周りや袖丈着丈は各サイズ従来の寸法です。

触った感じや着た時の様子など写真や言葉では伝えきれない素晴らしい良さがあるのでこれは是非一度試してほしいと思います。


近江晒し

2023/4/14

 
今季OUGHTでは、日本の伝統技法「近江晒し」という特別な加工を施した生地で定番のクラシックB.Dシャツバンドカラーシャツを作っていますので、「近江晒し」についてご紹介したいと思います。

漂白や生地を柔らかくする効果がある灰汁を用いて生地を柔らかく、染めやすくするための加工技術が「近江晒し」と呼ばれています。柔らかく高品質な布、近江上布として有名な滋賀県愛荘で培われてきた伝統技法で、近江晒しを施した近江上布は、江戸時代に彦根藩(現在の滋賀県) から将軍徳川家へ献上品として出されるほどの高級品だったそうです。着た時の様子(シルエットや着心地)が良いということで愛されてきました。

古くは木材など植物を燃やして出来た灰を水で溶かした灰汁をかけながら10日間ほど日光に晒し、大釜に入れて灰汁で焚き日光に数回晒し、最後に木臼でたたきもみほぐして水で洗い、晴天の天日で数十日干して仕上げるというもので、職人の高い技術と時間をかけた作業で仕上げられていました。

現在でも滋賀県の湖東地域の主要な産業として伝統の技術や精神を継承した布の生産開発が続けられています。

 

 

 
近江晒しは、揉み込む工程でできる味のある細かなシワ感、程よい反発感と柔らかさのある独特の風合い豊かな生地に仕上がります。

 

 

 
身幅やアームにゆとりがあり身体に触れないようなふんわり膨らみのあるパターン設計と近江晒しを施したきめ細かいコンパクト糸の高密度タイプライター地で素材の特性を活かし体にふれないような膨らみのあるシルエットが実現できました。

この近江晒し特有の生地の風合い、膨らみのあるシルエットの保持と着心地を体験してもらえたら嬉しいです。着心地本当に良いですよ。

触った感じや着た時の様子など写真や言葉では伝えきれない素晴らしい良さがあるのでこれは是非一度試してほしいと思います。


浅井庸佑 “椀”

2019/10/23

 
久しぶりに届きました。indyvisualで不定期にですが器の取り扱いさせていただいている陶芸作家浅井庸佑さんの作品です。

6月に順理庵 銀座本店にて作品展を開催されていた時にその撤収後ここによってくれて、その展示の話や近況報告、そしてまた新たな器を出しましょうという流れで、今回はこの椀を5つ送ってくれました。

 
質にこだわり自ら採集した原料の「土・石・木灰」など身近にある素材を用いシンプルで長く愛着を持って使えるものを作る浅井さんの器をもう何年もお皿からはじまり各種購入させていただいて自分の家では愛用させてもらっているのですが、この椀シリーズも去年からを三つ使わせてもらっていて、ご飯茶碗にもなりますが、うちではつまみ類だったり副菜とか多用途で使えて、サイズといい雰囲気といい使い勝手が良く重宝ほうしています。茶色のちょっとヌメットとした質感で自然の素朴な味があります。

浅井庸佑 “椀” は本日から販売開始しましたので、興味ある人は是非見てもらえたらと思います!


陶芸家 浅井庸佑 "入れ子鉢"入荷

2012/7/28

 
質にこだわり自ら採集した原料の土と石などを用いシンプルで長く愛着を持って 使えるものを作る滋賀県大津市の陶芸家 浅井庸佑氏の器、

その”ものづく り”に感銘を受け、オリジナルの“片口”の入荷と同時に、 indyvisual SHOPオリジナルの器もお願いして作っていただきました。入れ子鉢です。

 

 
裏面にはうれしいindyvisualのショップロゴが入ります。

こちらも片口同様、手に馴染みやすく飽きの来ないシンプル で使いやすいフォルムです。深さもしっかりある3サイズの入れ子鉢は盛り付けのバリエーションも広がります。自分ではつまみ類メインになりそうですが。。贈り物などにもお薦めです。

indyvisual店頭、オンラインストアで販売開始しましたのでチェック下さい。

 


陶芸家 浅井庸佑 "片口"入荷

 
質にこだわり自ら採集した原料の土と石などを用いシンプルで長く愛着を持って 使えるものを作る滋賀県 大津市の陶芸家 浅井庸佑氏の器 。

この何年か浅井さんの器をお皿からはじまり各種購入させていただいて自分の家では愛用させてもらっているのですが、今回念願かなってindyvisualでも取り扱いさせてもらえることになりました。

まず自分も含め酒好きにはお進めの酒器からということで、“片口”が入荷です。

味のある土の風合いを生かした質感に、手に馴染みやすく飽きの来ないシンプルで使いやすいフォルムです。

酒器としてはもちろんですが、料理を盛りつけたり、ドレッシング を注いだり、花を活けたり、と色んな使い方で楽しめます。贈り物にもすすめです。

indyvisual店頭、オンラインストアで販売開始しましたのでチェック下さい。

 
*全て職人の手作りなので少しずつ不定期ですが入荷しますのでお楽しみに。

 


OUGHT Fall Exhibition 2012

2012/6/2

 
6/6(水)〜10(日)の日程で、2012年OUGHTの秋冬展示会を
indyvisualにて開催致します。

春夏に続き日々が冒険ということで日常をサバイブする為にかかせない服を
秋冬は海の近い街での生活をイメージして。

 

 
今年も秋展は、AREthの新作8月入荷予定分サンプルを一緒に展示させてもらって
見てもらいながらあわせて受注会も。

OUGHT秋冬物もAREthも8月の後半から入荷予定になりますので、
またカタログやWEB SITEでチェック下さい。

そして更に、

 

 
今月からindyvisualで取り扱いさせてもらうことになっている滋賀県の陶芸家 浅井庸佑さんの作品をお披露目させてもらいます。店頭では展示会後販売開始となりますのでまたお知らせ致します。お楽しみに〜。

************************************************************************************************************************
☆ indyvisualでのOUGHT展示会期間の5日間は一般のお客さんの来店ができませんのでご了承下さい。
**********************************************************************************************

 


酒器

2012/2/17

 
滋賀県の陶芸家浅井庸佑さん新作の酒器と、合わせて滋賀の旨い日本酒お薦めいただいただきました。

今年、浅井さんの作品をindyvisualショップで展開計画してます。

こだわりの土で作って焼いた器は温かみがあって凄く良いですよ。