Post Tagged : ポケットTシャツ

Merino wool T-shirts

2021/9/18

 
APOTHEKE FRAGRANCEの菅澤くん、生涯マガジンの84くんやAREthの番長さん、身近な仲間内で冬場の街着から登山やスノーボードで雪山に入る際に着るインナーを色々試した結果一番愛用しているそざい、化繊のものと違い汗かいても抜けが良く体が冷えず、でもちゃんと保温性があり暖かく、何日か連続で着ていても臭くならないウールが大変良いという話をよく聞きていたのですが、アウトドアのインナーイコールタイトな感じが多いので、あの機能で普段一枚でも着れるゆるい普通のシルエットのシンプルなのがあったらいいのにな〜OUGHTスタイルで作って欲しいという意見をもらって、メリノウールの天竺素材でシルエットもこだわったショートスリーブロングスリーブのポケットTシャツを作りました。

 

 

 
一枚でゆったりと着れる身幅やアームに程よいゆとりのあるボックスシルエットになります。

夏場は一枚でメインとして、秋冬春はインナーとして、通年着用できる厚みの天竺素材でウォッシャブル加工が施されご家庭での洗濯が可能です。

アウトドアのインナーとして昔から使用されている素材なので、洗濯等も問題ないですが、とは言えウールでデリケートな素材ではあるので取り扱いは気をつけてあげてほしいです。

*洗濯により若干の縮みはでます。(縮みを考慮した寸法で仕上げています。)
*生地の特性上洗濯後は生地表面に凹凸が出たり、繰り返しの洗濯により毛羽立ちなどが出ますので、洗濯の際は、必ずネットに入れ中性洗剤もしくは弱酸性洗剤でデリケート洗いをおすすめします。
*特殊なウール用洗剤や柔軟剤は使用しないでください。

メリノウールは、サマーシーズンも対応の調湿機能と、繊維の表面に水分が残りにくく菌の繁殖を抑え高い防臭作用、優れた吸湿性、速乾性があります。極細の繊維でチクチクしないソフトな肌触りが特徴の素材です。夏場は清涼感があり、秋冬春は暖かくインナーとして。

ここのところ雨模様とともにだいぶ涼しくなってきてると思いきや湿度が高く動くと汗ばんだり変な感じで着るものにホント困りますが、、そんな時にも本当に心地よく着れる天然の高機能素材を是非ワードローブに加えてほしいなと思います。

 

 

 
2色展開ですが、まずネイビーが入荷して、ダークグレーは10月中旬発売となります。

 

 

 
リラックスした雰囲気とウールの美しい光沢、柔らかくテロッとしたドレイプ感のある素材が品が良く、大人な雰囲気で良い感じです。

 

 
インディゴデニムやアイボリーのパンツ、ブラックのパンツなんかに合わせたら良い色目だと思うので是非試して見てください。上着用写真にもあるように近日公開のLOOKでもそんな感じで合わせてみてます。

 
メリノウール天竺S/S Tシャツ L/S Tシャツはネイビーから本日販売開始しました。是非チェックください!

これは新定番としてお客さんの声を聞きながら調整したり、新色を加えていきたいと思いますのでよろしくお願いします!

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/


HITOTZUKI NEW TEE

2021/7/2

 
アーティストHITOTZUKI(KAMI+SASU)の新しいTシャツが今回2種類届いています。

まず一つ目は、今年行われた個展のタイトルでもあった”DECODE”のメイン作品をTシャツにしたHTZK TEE “DECODE” 2021です。

 

 

 
ホワイトのみで、5.6ozの厚すぎず薄すぎず程よいヘビーウエイトボディに、

 

 
フロント左胸にHITOTZUKIロゴ刺繍がボディと同色で入っていて、

 

 
バックプリントにインクジェットで作品DECODEがプリントされています。

 
続いて2つ目は、KAMI(HITOTZUKI)のアートワークがワンポイント刺繍で入るシンプルなポケットTシャツCHEF POCKET TEEです。

 

 

 
ホワイトとブラックの2色で、ボディ色によって刺繍の帽子部分の色が違います。こちらも5.6ozの厚すぎず薄すぎず程よいヘビーウエイトボディです、しっかりした感じですね。

 

 
あえてポケットの上から貫通する仕様で刺繍しているのでポケットはふさがっています。

 
DECODE TEEは、先日HITOTZUKIのオンラインストアで受注販売されたものを少量つながりのあるお店に卸してもらっているこの分が最後の販売となりますので受注間に合わなかった人はラストチャンスです。動き早いと思うのでお早めに。

 
indyvisual店頭、オンラインストアで本日販売開始しましたので是非チェック下さい!

 HITOTZUKI (KAMI+SASU) WEB SITE : http://www.hitotzuki.com/


OUGHT “Nothing More, Nothing Less” S/S Tee

2020/8/14

 
しかし猛暑ですね、、東京はコンクリートと室外機のおかげで体感温度が余計にしんどい感じになってます。。気をつけていきましょう。

そんな中ですが、秋冬入荷開始します。今月はまずTシャツからです。

 

 
OUGHTの基本コンセプトである”Nothing More, Nothing Less”を文字通りシンプルに形にしたポケットTシャツです。このご時世だからこそ今思うメッセージでもあります。

 

 
フロントはポケットのみ、

 

 
バックプリントにメッセージ”Nothing More, Nothing Less” 『それ以上でもなく、それ以下でもなく』 をシルクスクリーンプリントで。

ボディカラーはホワイト、グリーン、ブラックの3色になります。同色のロングスリーブTシャツも9月前半に発売します。

 
店頭、オンラインストアともに“”Nothing More, Nothing Less”S/SポケットTシャツの販売開始しましたので、よろしくお願いします!

 
20年目を向かえた今年は、自分がOUGHTindyvisualのショップオリジナルとしてリスタートしてちょうど10年になります。その時のTシャツもコンセプトメッセージだったのですが、改めてこれからも”Nothing More, Nothing Less”をより突き詰めていきたいと思います。

身に着ける人の個性を引き立てるための上質で洗練された洋服や洋服に取り入れたカルチャーを感じてもらいたいです。

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/


OUGHT “Stay Comfortable” Pocket Tee

2019/7/17

 
東京の梅雨ももうちょっとな感じにやっとなってきました、、この感じからすると今年はまたかなり暑そうですが、夏はこんなTシャツでも着てゆっくりしたいなと、シーズンカタログとは別で“Stay Comfortable” Garment Dyed Pocket Tシャツを作りました。

 

 

 
『挑戦や探求からしばし離れて、ゆっくりと気兼ねなく、居心地の良いところでとどまろう。』そんなメッセージが込められたデザインです。

顔料染めされた物なので、洗いがかかっていてくたっとした柔らかさや、自然な毛羽立ち当たり感など風合いがでていて良いですよ〜。6.1ozのヘビーウエイトのボディは着丈が少し長くいつものと違います。

 

 
フロントポケット上にワンポイント刺繍と

 

 
バックプリントはネック下に小さめにシルクスクリーンプリントで、今回はよりシンプルに。

 
シリーズとして、
昨年から継続して日本製ビーチサンダルの『九十九』に依頼して作った “Stay Comfortable”ビーチサンダルもあります。袋もおまけでつくやつです。

 

 
合成ゴムを使用した本体はクッション性に優れ、鼻緒は足の指の間にあたる為柔らかさもある天然ゴムを使用することで、足の負担を軽減した履き心地です。これは調子良いですよ。
他オールブラックとオリーブブラックの3色になります。

ハーフパンツやリネンのイージーパンツなんかに是非ビーサンあわせて欲しいですね〜。自分は普段この辺にいれば年中AREth履いてますが、それ以外でといえば唯一サンダルはやっぱり普通のシンプルなビーサンが好きで履きます。

 
ということで、真夏に向けて“Stay Comfortable”Tシャツビーチサンダルともに店頭、オンラインストアで販売開始しましたのでよろしくお願いします!


2016.S/S OUGHT新作 / “Freight Car” S/S Tシャツ入荷

2016/6/25

ought-ss2016-OT169-1

 
ought-ss2016-OT169-2

 
ought-ss2016-OT169-4

 
ought-ss2016-OT169-3

 
“Freight Car” S/S Tシャツが入荷です。
 
OUGHT2015秋冬ロングスリーブFreight Car(貨車)Tシャツの半袖バージョンです。

HOBOの代名詞とも言える貨車をモチーフにしたラフドローイングに、象徴的な貨車カラー(バーガンディー)を基調としたデザイン。開いた扉の中にいざなわれるよう「続いていく旅路」がコンセプト。

indyvisual店頭オンラインストアで販売開始しましたので
再入荷しているHobo series Tシャツと合わせて是非チェック下さい!

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/


OUGHT Hobo series Tシャツ再入荷

完売していたOUGHT Hobo series Tシャツ2型を少量ですが再生産致しました。

 
OT-163_hobo_hat_tee

 
OT-163_hobo_hat_tee1

 
OT-163_hobo_hat_tee2

 
OUGHT “Hobo Hat” Tシャツと、

 
OT-161_hobo_nickel_tee

 
OT-161_hobo_nickel_tee1

 
“Hobo Nickel” Tシャツです。

 
indyvisual店頭、オンラインストアで販売開始です。
新入荷している“Freight Car” S/S Tシャツもあわせて是非チェック下さい!

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/


OUGHT Hobo series Tシャツ再入荷

2015/7/28

OUGHT_Still Wandering_Tee

 
OUGHT_Still Wandering_Tee_o1

 
今季 OUGHT “Still Wandering” Tシャツを含め完売していたものを
少量ですが再生産致しました。

 
OUGHT_Nothing_More_Nothing_Less_Hobo_Tee_o1

 
OUGHT_Nothing_More_Nothing_Less_Hobo_Tee_o2

 
“Nothing More,Nothing Less” Hobo Tシャツと、

 
OUGHT_cup_Tee_o1

 
“TRACE THE ROOTS” CUP Tシャツはホワイトを補充してます。

 
indyvisual店頭、オンラインストアで販売開始です。
新入荷している2015.F/W OUGHT新作“Nothing More Nothing Less Cup” Tシャツもあわせて是非チェック下さい!

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/


2014.ought maneuver 新作入荷 / designed by 福田 創一郎

2014/8/22

indyvisual-ads-oughtmaneuver-300x141

 
『それ以上でもなく、それ以下でもなく』を基本コンセプトに掲げ服作りをしているブランド “ OUGHT ” から派生したアーティストライン” OUGHT MANEUVER ”

各アーティストによってデザインされる “ ought to〜 (〜すべき) ”を使ったそれぞれのメッセージは “ OUGHT ” で培われた創意と手法を介しジャンルやアイテムに縛られる事無く、
シーズンを問わず展開されます。

第七弾は福田 創一郎 による限定30部の写真集+Tシャツです。

 
ought_maneuver_soichiro_fukuda_book_o1

 
ought_maneuver_soichiro_fukuda_book_o2

 
ought_maneuver_soichiro_fukuda_pocket_tee

 
ought_maneuver_soichiro_fukuda_pocket_tee_o3

 
ought maneuver 写真集+Tシャツdesigned by 福田 創一郎

 
限定30部の写真集とTシャツは写真集の中の1枚をポケットにインクジェットプリントした裁断生地を縫製、ポケットの中にメッセージの”Ought to see the world”がプリントされています。


Ought to see the world
 
目が覚めて、眠りに入るまで、瞼は開き、常に何かを人は見ている。
しかし、目には焦点を合わせる機能が備わっていて、常に焦点が合っている訳ではない、例えば妄想をしているときは目は開きつつも目の前のものに焦点は合っていない。
今まで生きてきた人生での記憶を頼りに、ほとんどのものを見ている時もある。特に毎日同じ場所に赴き、毎日同じ人に会い、毎日同じ風景を見続けていれば、自ずと記憶だけで物事を見るようになってしまう。
ただ単純に過ぎていく日々の中にも、目を凝らし物事をよく見ると、新たな世界が垣間見え、そして感動を与えてくれることが出来ると、私は信じている。

 
indyvisual店頭、オンラインストアで販売開始しました。是非チェックください!!

 
***********************************************************************************************************

福田 創一郎

1977年 東京 写真家

高校卒業後、アジア、ヨーロッパ各地を旅行し帰国後、写真スタジオに所属し本格的に撮影技術を学ぶ。
rei(hatos)との共作『Survival Drive』をTHE NORTH FACE の協力により出版。
現在は、東京をベースにスタジオを構えフィルム撮影、現像までを自らで行こなう。
+81、THE NORTH FACE 、INDYVISUAL などで作品を発表。

2007 survival drive exhibition at claska tokyo
2009 survival drive exhibition at compound gallery portland US
2011 invisible force at okiraku nara
2012 survival drive exhibition at marker studio okayama
2013 知らない場所の知っている風景 at hatos bar tokyo

 
http://www.fukudasoichiro.tumblr.com/

 
***********************************************************************************************************


OUGHT Hobo series Tシャツ再入荷

2014/7/19

ought_like_a_hobo_tee

 
ought_like_a_hobo_tee_o1

 
OUGHTから人気の“like a hobo” Tシャツと、

 
ought_original_pocket_tee

 
マグカップ柄のオリジナルポケットTシャツが再入荷です。

indyvisual店頭、オンラインストアで販売開始ましたのでチェック下さい。

OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/


OUGHT Hobo series

2013/7/13

OUGHT_HOBO-Tee_series

 
OUGHT Hobo seriesがJOURNAL STANDARDで販売開始されました。
プリントを加えたものや限定別注カラーもありますので是非チェック下さい。

 
OUGHT_HOBO-Tee_series1

 
今回は“like a hobo” Tシャツもポケットをつけ、全柄ポケットTシャツとしてindyvisualでは再入荷です。

indyvisual店頭、オンラインストアで販売開始ましたのでこの機会にお見逃しなく!

OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/