Post Tagged : SASU

HITOTZUKI Exhibition “LUCK”

2019/4/13

 

 
indyvisualでお世話になっているアーティストHITOTZUKI(KAMI+SASU)がGW期間の水戸駅前廃墟再生プロジェクトで壁画制作と連動して展示を行います。

水戸と言えば15年くらい前に水戸芸術館や街中が描かれた日本のグラフィティカルチャーを紹介する国内初の大規模な展覧会x-color思い出す人も多いかもしれません、
個人的に水戸はSHING02歪曲ツアーで物販をやりにいったのが最後でそれ以来いけてませんが、、10数年前に閉店したDEVELOPという店が90年代後半に自分たちがindyvisualというブランド名で初めて作ったTシャツを置いてくれた最初の店だったり、話すと長くなるのでやめときますが、、繋がりもあり色々と昔から縁が深いです。

DEVELOPでOUGHTを好きになったお客さんが今でも沢山indyvisualに来てくれていて、さらにここでHITOTZUKIファンになってくれた人も多くいるので、その水戸でHITOTZUKIが展示というのはなんか自分も嬉しいです!壁画現場からは歩いて5分くらいとの事なのでどちらものぞいてみてください。

 
HITOTZUKI Exhibition “LUCK”
2019.4.19(Fri)~6.30(Sun)
at : ARTS ISOZAKI

茨城県水戸市三の丸1-4-17
1-4-17 Sannomaru Mito,Ibaraki

open : 水曜~日曜日、祝日 (Wed-Sun+public holidays) 13:00-18:00
Opening reception : 2019年4月19日(金) / 17:00-19:00
Entrance : free

本展のタイトル「LUCK」は、徳川光圀の「苦は楽の種、楽は苦の種と知るべし」という言葉からインスピレーションを得たものです。新作と過去の作品を展示する予定です。
4/27~5/6まで #水戸駅前壁画プロジェクト としてLIVIN跡地にて壁画制作も行います。

 
そしてもう一つお知らせあります。
ここでも紹介させてもらっていた なつごろも・浴衣 がHITOTZUKIのオンラインストアHITOTZUKI CLUB で受注販売されていて、現物を見たい人の為にということでindyvisual店頭にサンプルを置いてみてもらえるようにしていましたが、明日までとなります。HITOTZUKI CLUBでは引き続き5月9日まではオーダー受付てますので是非チェック下さい〜


HITOTZUKI × KAGUWA なつごろも・浴衣

2019/3/22

 
indyvisualでアーティストグッズの取り扱い等お世話になっているHITOTZUKIが結成20周年を記念したKAGUWAとのコラボレーション企画として、なつごろも・浴衣がHITOTZUKIのオンラインストアHITOTZUKI CLUBで5月9日まで期間限定の受注販売されます。

今回あわせて現物を見たい人の為にということでご協力させてもらって3/27〜4/15の間のみindyvisual店頭にサンプルを置いてみてもらえるようにしますので、興味あって物をみてからオーダーしたいという方は是非こちらに気軽に足運んでみていただけたらと思います!

以下詳細は転載させてもらってます。浴衣やオーダーについてはについて詳しくはHITOTZUKI CLUBからどうぞ。

 
HITOTZUKI × KAGUWA なつごろも・ゆかた 

 
“KAMI / BLACK” 

 
“SASU / BLUE”

 
“KAMI / BLACK”と”SASU / BLUE”それぞれ 麻(近江ちぢみ)と、綿、2種類の素材がございます。用途やお好みに合わせてお選び下さい。(モデル写真は、近江ちぢみ/麻 を着用しています)

 

 

 
●HITOTZUKI × KAGUWA (近江ちぢみ/麻)なつごろも 
麻の「近江ちぢみ」は、綿の浴衣とは異なる高級感があり、ゆかたとしても、夏着物としても着用できる上品な一枚です。横糸に撚りをかけて織り上げた生地を、仕上げの工程で揉み込むことにより独特のシボを出した「近江ちぢみ」は、シボの形状があることによって肌との接触面が少なく、風が通りぬけやすいため、さわやかな着心地を味わえます。

なつころも(麻) お仕立てあがり(S.M.L)  73000円(税抜)送料込み
なつころも(麻) 特注 /サイズオーダー(CS)  82000円(税抜)送料込み

●HITOTZUKI × KAGUWA ゆかた( 綿 )
洗濯しやすい綿素材は、着るたびに肌になじみ、しっかりとした風合いが魅力です。
縦糸にランダムに入った太めの糸によって、綿紬のような質感の生地を使用しています。
生地に凹凸ができることにより、肌に密着しづらく、さらっとした肌触りのよい浴衣です。

ゆかた(綿)お仕立てあがり(S.M.L)  45000円(税抜)送料込み
ゆかた(綿)特注 / サイズオーダー(CS) 54000円(税抜)送料込み

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【男性】MENS
記号 サイズ 身長(目安) 腰回り 身丈 裄 袖丈 前巾 後巾
MS Sサイズ 163cm~168cm 90cm前後 140cm 69cm 49cm 24cm 29cm
MM Mサイズ 167cm~173cm 93cm前後 145cm 72cm 49cm 25cm 30cm
ML Lサイズ 174cm~180cm 96cm前後 150cm 75cm 49cm 26cm 31cm

【女性】WOMENS
記号 サイズ 身長(目安) 腰回り 身丈 裄 袖丈 前巾 後巾
FS Sサイズ 153~159cm 88cm前後 156cm 66cm 49cm 23cm 28cm
FM Mサイズ 159~165cm 90cm前後 162㎝ 68cm 49cm 24cm 29cm
FL Lサイズ 165~171cm 93cm前後 168cm 70㎝ 49cm 25cm 30cm

【お客様サイズ】
CS 特注・サイズオーダー 着物サイズをお持ちの方は、個別のサイズにて承ることも可能です。
*お客様サイズのお仕立てあがりをご希望の方は、商品購入から1週間以内に、 kgw@wagu.jp 宛にメールにて女性お仕立てまたは男性お仕立て・衿の仕様(広衿・バチ衿)、お仕立て寸法をお知らせください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【必ずご確認ください】
*受注の受付は、5月初旬までを予定していますが、予定生産枚数を超えた場合、その時点で販売を終了させていただく場合がございます。ご了承ください。
*KAMI BLACK の生地を使用して女性用のお仕立てを承ることも可能です。
*お仕立てあがり商品につきましては、男女ともにバチ衿仕立て、半ミシンでの縫製予定です。
*受注販売のため、お申込み後のキャンセル・返品・交換は承りかねますのでご注意ください。
*商品のお届けは7月上旬~中旬を予定しております。(生産状況によって多少前後する可能性がございます)
*画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます、あらかじめご了承ください。
*実際に商品をご覧になりたい方は、3/27〜4/15 indyvisualにてご覧頂けます。詳しくは店舗にお問い合わせください。

*なつごろも
「KAGUWA」では、麻の近江ちぢみを用いて作った着物を「なつごろも」と呼び、浴衣としても夏着物としてもご着用いただける1枚としてご提案しています。

KAGUWA
ほのかで上品な香りが漂うよう様な和のスタイルをコンセプトに活動するブランド「KAGUWA」 、日本のすばらしい伝統、文化、芸術、美意識などを大切にし、セレクトショップなどでも人気の浴衣をはじめ、「和のかほり」を吹き込んだ様々な商品の展開を目出している。


良いお年を

2018/12/29

 
2018.Ought.fw.Photo by Hirama Takashi. Model: Remi

本日indyvisualは仕事納めです。

本年もありがとうございました。良いお年をお迎え下さい。

2019年も引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

☆ 新年1月3日の初売りからサンプルと一部商品SALE行います。感謝SALEです是非お越し下さい!!


indyvisual忘年会

2018/12/27

 
昨日は毎年恒例のindyvisual / Ought 忘年会をノベルティーのシーズンMIX TAPEを担当してもらったDJ TSU(KITEN RECORDS)がやっている宮崎地鶏屋 KITENで今回もindyvisualで取り扱いや仕事で関わりのある身じかな顔ぶれだけで行いました。

楽しく食べて飲んで、自分も含め今日は後半の記憶がない二日酔いの人が続出、、良い締めくくりになりました。集まってくれた皆様本年もありがとうございました。

2019年も引き続きよろしくお願いします!

来春夏展示会が一週遅れた分、この12月は自分は年末ギリギリまで修正や量産発注等やる事がまだまだ山ずみなので最後もう一踏ん張り、、まっただ中です。。
去年も同じ書いてて一週展示会を早めないと年末は駄目だなと思っていた反省を今年繰り返したのでここに刻んで来年の目標の1つに。精進します。。

今年ももう店の営業も残すところ2日となりましたが、最後顔出せる人は是非です。会えなかった人も皆様体調に気をつけて最後良い締めくくりにしてください。


THE CORE Mural Art Project with HITOTZUKI LAUNCH PARTY

2018/12/23

 
昨日はSNSではお知らせしましたが、indyvisualアーティストグッズ取り扱い等いつもお世話になっているHITOTZUKI(KAMI+SASU)のミューラルアートプロジェクトローンチパーティーにお店を少し早めに締めさせてもらって後半少し顔出してきました。

 

 
普段個人的にはなかなかオフィス街の新橋方面に仕事柄縁がないので、そこに行くことも含めその環境の中の新しい企画スペース、今回の壁画、新鮮で良かったです。THE CORE KICHEN / SPACEは、広い歩道を有する新虎通りに面したカフェ・ダイニング、イベントスペースで日中ゆっくりお茶飲んだりランチ営業等もしているので作品見がてら是非足運んでみてください、広くて心地良い空間でしたよ〜。


HITOTZUKI NEW GOODS / HITOTZUKI ART Reed Diffuser by APFR 入荷

2018/12/3

 
HITOTZUKI(KAMI+SASU)のNEW GOODS、HITOTZUKI ART Reed Diffuser by APFRが入荷しました。2種類のアートワークで彩られた〈アポテーケ・フレグランス〉による新しい香りのレーベル〈APFR〉のリードディフーザーで、「普遍的な都市生活者へ」をテーマに調香されたアートオブジェクトです。

柄をコレクションしたくなるパッケージ、これはプレゼントにも良いですね。

 

 
左 : #01 “BEWARE OF DOGMA” ( Woody Citrus )
フレッシュな柑橘とジンジャー、ベチバーなどをブレンドした、ウッディーシトラスの香り。

右 : #02 “PLANET BOUQUET” ( Woody Aroma )
キリッとした印象のジンジャー、カルダモン、シナモンのスパイスに、 シダーウッドなどの温かみのある木々をブレンドしたアロマティックな香り。

ウッディーシトラスとウッディーアロマ、それぞれ異なる香りの2種類のアートワーク。 スティックがフレグランスを吸い上げ、空間を香りで彩ります。

 

 

 
indyvisual店頭、オンラインストアで販売開始しましたので是非チェック下さい!

 HITOTZUKI (KAMI+SASU) WEB SITE : http://www.hitotzuki.com/


HITOTZUKI NEW GOODS / SASU Paint Can Fragrance CANDLE “Lighter Set” 入荷

 
HITOTZUKI(KAMI+SASU)のNEW GOODS、SASU Paint Can Fragrance CANDLE “Lighter Set”が入荷しました。人気で完売していたSASUペイント缶フレグランスミニキャンドルが、レギュラーサイズになって再登場です。今回はブラシをイメージしたライターがセットに。これからの時期プレゼントにも良いですよ。

 

 
———————————————————————————————

#1 KOTO コト ( ATLUS BLUE ) 青
Bergamot, Black Currant, Fig Leaf, Grapefruit, Lavender, Melon
ラベンダーにウッディーノートをブレンドした、フゼア調の若々しい香り

#2 IROS アイロス ( PURPLE ) 紫
Bouquet of SweetRose, Lily, Fern, Marigold
華やかなローズをベースににシダの香りが添えられた、男性でも楽しめるフローラルブーケットの香り。

#3 SOLA ソラ ( EMERALD ) エメラルド
Sage Leaf, Oakmoss, Lavandin, Sweet Orange, Woody Base, Musk Base, Amber Base
ムスクやウッディーをベースにスイートオレンジやセージが絶妙にブレンドされた、爽快で深みのある香り。

#4 TSUKI ツキ ( DEEP BLUE ) 濃青
Apple, Jasmin, Lily, Osmanthus, Woody Base, Musk Base
透明感のあるウォーターリリー、甘いキンモクセイのフローラルフルーティな香り

#5 LIMONE リモネ ( YELLOW ) 黄
Lemon, Lemon peel, Black tea, White tea, Spices.
ほのかに甘いレモンティーの香り

———————————————————————————————

作品制作に使用されているSASUのペイント缶を再現し、それぞれの香りにテーマカラーがペイントされ、一点一点ハンドメイドで製作、厳選された香料と上質なSOYWAXで作られたAPOTHEKE FRAGRANCE製のソイキャンドルを使用されています。

アポテーケ(APOTHEKE)のフレグランスキャンドルは、原料にソイワックス(Soy Wax)を用いているためナチュラルで丸みを帯びた優しい灯火と、低温でゆっくり燃焼するのが特徴です。またFDA(米国食品医薬品局)と米国コーシャ認定の基準を満たした、100%植物性大豆油から作られています。石油由来・化学物質を含まず、クリーンな煙で壁・天井・家具を汚しません。

 

 
indyvisual店頭、オンラインストアで販売開始しましたので是非チェック下さい!

 HITOTZUKI (KAMI+SASU) WEB SITE : http://www.hitotzuki.com/


The Millennials Shibuya. painted by HITOTZUKI

2018/3/14

themillennials.shibuya_hitotzuki_01

 
昨夜はHITOTZUKI(KAMI+SASU)による客室壁画を見に、AREthの番長さんやOUGHTカタログカメラマンの平間タカシ、ジャーナルスタンダードの栗原さんと15日からオープンするミレニアル世代の為のライフスタイル未来型宿泊施設The Millennials Shibuyaのレセプションにいってきました。

写真はHITOTZUKI ARTPODS A11 – 5Fの部屋。

同じフロアには全20アーティストがそれぞれペイントした部屋があって、別のフロアは女性専用や白壁の部屋、宿泊者がコーヒーやビールを飲みながら仕事したり交流もでき自由に使える共有ラウンジスペースなどもありました。全室ではないですが、PCや携帯を繋げて部屋についているフロジェクターで映像をリモコンでリクライニングできるベットで見れたり、普通のカプセルホテルより機能性や居心地良さそうでしたよ。

チェックイン時にリクエストすれば空室の状況に応じて希望のポッドにも案内してもらえるそうなので、出張等や飲み帰り機会あれば是非!


20人のアートポッド展 / HITOTZUKI

2018/3/5

indyvisualでアーティストグッズ取り扱いさせてもらっているHITOTZUKI(KAMI+SASU)による客室壁画が、渋谷にオープンする未来のライフスタイルを切り開く世代のためのホテルに。オープン前のエキシビジョンで一般公開されます。

 
20pods-900x1342

 
20人のアートポッド展 

暮らす・泊まる・働く・遊ぶ。
3月15日に渋谷にオープンする未来のライフスタイルを切り開く世代のためのホテル
“The Millennials Shibuya” (ザ・ミレニアルズ シブヤ)
その​客室“スマートポッド”と20人のアーティストがコラボレーションし
20の泊まれる“アートポッド”が誕生しました。
ポッド内の壁面をキャンバスにそれぞれの世界観が表現された
ワンアンドオンリーな体験空間をお楽しみください。

期間:3月10日(土)、11日(日)
時間:11:00~18:00
会場:The Millennials Shibuya(ザ・ミレニアルズ シブヤ) 5Fアートフロア (4F グッズ販売)
入場無料

The Millennials Shibuya
* HITOTZUKI ARTPODS / A11 – 5F


100 Window Displays by Hermes / HITOTZUKI

2018/2/4

HITOTZUKI_HERMES_GINZA_DISPLAY1

 
hitotzuki_hermes_display

 
HITOTZUKI_HERMES_GINZA_DISPLAY7

 
hitotzuki_hermes_display2

 
“100 Window Displays”

2018年1月で100回目を迎える銀座メゾンエルメスのウィンドウディスプレイ。2013年9月20日~11月12日 “BACK IN THE POOL“ と題した作品でウィンドウを彩ったHITOTZUKIのディスプレイも現在メゾンエルメスウェブサイトにて、100回目を記念したアーカイブサイトと ”100 Window Displays” という特設サイトで観覧できます。
是非みてみてください。