Post Tagged : exhibition

Lui Araki photo exhibition ”unexpected “

2018/11/3

 
先日ここでも紹介した AREth late 2018モデルのインソールデザインを手がけた山木真の原画展が昨日からはじまりましたが、スケートボーダー / フォトグラファー / L.I.F.Eディレクターという肩書きを持ちAREthのライダーでもあってカタログなどでもの写真をつかわれている写真家の荒木塁写真展”unexpected “が今日から自由が丘にあるギャラリーDiginner Gallery Workshop で今月16日まで開催されます。2017年のスケートツアーでアメリカEast Coastの三都市(NY/ Philadelphia / Baltimore)を巡る道中で撮りためた写真が発表されます。今回はスケートボードから少し離れた“off-the-board” な風景情景、人物写真などが主にセレクトされているそうです。

スケートボードで養われた動体視力が察知する瞬間は常に予期せぬ(unexpected)な状況を切り取ります。こちらも是非チェックください。

 
Lui Araki photo exhibition ”unexpected “

2018年11月3日(土)〜16日(金)/月曜休廊
Open 12:00〜20:00/最終日17:00迄

Opening Reception: 11月3日(土)18:00〜20:00

Diginner Gallery
〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-11-2

 
Profile

Lui Araki(荒木塁)
神戸市出身/東京都在住
Skateboarder , Photographer , L.I.F.E Director
フランスのスケートブランド ”Magenta Skateboards” からゲストボードをリリースするなど海外での知名度も高い。
現在アパレルブランド”L.I.F.E”のディレクションを行いつつ、フォトグラファーとしても活動し国内外の風景や人物をフィルムで撮影、プリントも自宅の暗室で行うというこだわりから彼独特の空気感の作品を製作し続けている。


MAKOTO YAMAKI ORIGINAL EXHIBITION

2018/10/31

 
先日入荷したAREth late 2018モデルのインソールデザインを手がけた山木真の原画展が11月2日(金)〜6日(火)池尻大橋にある at RE STUDIOで行われます。
AREthだったり身じかな人たちや自分も含め繋がりあって、個人的にも手作業にこだわる職人気質なとこが好きなアーティストなので楽しみです。

展示期間中は12時〜20時まで本人が毎日在廊もしてるそうなので、是非足運んでみてください。(初日の2日はオープニングパーティーで18時〜21時までになるそうです。)

 
山木真原画展
MAKOTOYAMAKI ORIGINAL EXHIBITION

2018年11月2日(金)〜6日(火)
Open 12:00〜20:00

at RE STUDIO
東京都目黒区大橋2-6-14 川俣ビル2F

 

 
PROFILE

1977年生まれ。絵描き。1999年より単身ニューヨークへ渡り、スケートボードとペンを携え旅を始める。2002年には初の個展をバンクーバーにて開催。帰国後、THENORTHFACEとのコラボレーションによりロッククライミング日本代表ユニフォームのデザイン、YES.NOWBOARDのボードデザイン、L.I.F.E.のグラフィックワーク、LSP ”Days in whistler” DVDジャケット、またアートマガジンJAXTAPOZ、+81MAGAZINE、などさまざまな雑誌にも掲載される。現在は、看板デザインやロゴデザインなどをすべてハンドレタリングで行い、藍染め職人” LITMUS,Stay indigo”との作品制作にも力を注ぎ日々活動の場を広げている。

ENG:

Painter/skater, born in Saitama on July 21 in 1977.Currently lives in Fujisawa, Kanagawa, Japan.Visited New York in 1999 with a skateboard and a pen. Held a solo exhibition in Vancouver, Canada, in 2002. After returning to Japan, created a number of works, including designing the uniform of the Japan Rock Climbing National Team; collaborating with THE NORTH FACE; doing board designs for YES.NOWBOARD, graphic designs for L.I.F.E., and the jacket for the snowboarding video “Days inWhistler” for the Lifestyle Project; and doing graphic designs for a variety of magazines, such as JAXTAPOZ and +81MAGAZINE.


OUGHT Fall & Winter Exhibition 2018 “EXPLORING FOR A CHANGE.”終了

2018/6/23

 
6/13〜19の日程で indyvisualのショップオリジナルブランドOUGHTの2018秋冬展示会を行いました。シューズブランドAREthのサンプルも並べさせてもらいました。

個人的にもちょうど色々と変化を感じる時期だったのもあり、変化を恐れず前に進んでいきたいなという気持ちから、継続してみせるものと新たにあわせてみてほしいアイテムやチャレンジが積み重なって新旧とわず構成しているOUGHT、INDYVISUALの感じ、自分たちのスタイルなどあらためてよりしっかり見せたいこと、試してみたいアイテムなど挑戦してみてます。

そんなOUGHT秋冬物、また是非カタログ等でチェックください。8月後半から入荷になります。

通常営業に戻ってますので、恵比寿リキッドルーム2FギャラリーKATAで今週末開催されているLOS APSON?Tシャツフェアのぞきがてら遊び来てください!!今年は、十数年前販売していた貴重なSHING02Tシャツを数点出させてもらってますよ。


陶芸作家・浅井庸佑展

2018/1/20

indyvisualで器の取り扱いさせていただいている陶芸作家の浅井庸佑さんが祇園の路地裏にある「昂 KYOTO」にて1月27日(土)より作品展を行います。
 
興味ある方は是非足運んでみてください。

 
2018_yosuke_asai_exhibition

 
浅井庸佑展

会場 KOU昂KYOTO
京都市東山区祇園町南側581
ZEN 2F

1/27(土)〜2/4(日)
12:00〜18:00 会期中無休

身近な自然から材料を採取し大量生産とは対極の物作りをしています。
今回は、工房から徒歩圏内の自然から採取した材料を、野ウサギの毛並みのような優しく調和のとれた釉薬に変えた作品を初めて展示させて頂きます。

使い手に愛が伝わるものが作りたい。
使うと優しい気持ちになって欲しい。
作品を通して自然を感じて欲しい。
そんな思いから作られた作品をご高覧頂けたら幸いです。

 
Yosuke Asai Exhibition
1/27〜2/4
open 12:00〜18:00

place KOU KYOTO
adress 570-210 Gion-machi Minamigawa,ZEN 2F Higashiyama-ku,Kyoto

Yosuke Asai is an ceramic artist who embraces the surrounding nature in his neighbourhood.
He is inspired by it. The soils, stones, and plants that he turns into his ceramic works are nothing but ordinary; he goes out and finds these materials in everyday places.

His fundamental belief is polarized to mass production. He strongly believes in a sustainable way of life in which we are simply a part of nature and must co-exist with it.

He wishes that his ceramic works brings a warm feeling to their users. Every time a person holds it, may she be filled with a gentle love and feel a breath of nature.

He truly appreciates your visit and wishes you a peaceful moment here.


OUGHT Spring & Summer Exhibition 2018 “STAY COMFORTABLE”終了

2017/12/19

2018ss_ought_exhibit_indyvisual

 
12/13〜17、延長して今日まで indyvisualのオリジナルブランドであるOUGHTの
2018春夏展示会“STAY COMFORTABLE”を行っていました。シューズブランドAREth春夏のサンプルも並べさせてもらって。

いつもより一週遅れでの展示会だったので余計に12月の忙しい中、、足運んでいただきありがとうございました。

 
OUGHT春夏物は2月から入荷はじまりますのであわせてカタログ等もアップ致します。
また是非チェックください。

今週から通常営業です。お待ちしとります!!

* 尚、明後日21日(木)はindyvisual忘年会のため18時でお店閉めさせていただきますのでご了承ください。よろしくお願いします。


HITOTZUKI / ART SCAPE 2017

2017/8/2

artscape_hitotzuki

 
HITOTZUKI will join participating in ARTSCAPE 2017 in värmland, Sweden 24th July – 18th Aug.

 ARTSCAPE : https://www.artscape.se/


DISKAH ART SHOW MO ART DEPO TOKYO at debolbe studio & warehouse

2017/6/11

diskah_exhibition_debolbe

 
diskah_exhibition_debolbe2

 
diskah_exhibition_debolbe4

 
diskah_exhibition_debolbe5

 
アーティストグッズ取り扱いさせてもらっているdiskahの作品展が、OUGHTのカタログ撮影でもお世話になっているdebolbe Studio&Warehouseで5/27〜6/24に開催されていて初日AREthの番長さんジャーナルの冨来くんといってきました。

 
diskah_exhibition_debolbe3

 
スケートボーダー×アーティストとして幅広いシーンで活躍を続けるDISKAH、東京では作品をじかに見れる久しぶりのチャンスだったのと、アーカイブ展でもあり過去の作品や資料等も見れて良かったです。


KAMI Exhibition “ARCHIVES” at KINMEGURO TOKYO

2017/6/1

KAMI_ARCHIVES_KINMEGURO

 
KAMI_ARCHIVES_KINMEGURO1

 
KAMI_ARCHIVES_KINMEGURO2

 
KAMI_ARCHIVES_KINMEGURO3

 
先日ここでもお知らせさせてもらっていたindyvisualアーティストグッズ取り扱い等お世話になっているKAMI(HITOTZUKI)のアーカイブ展にいってきました。KAMIさんの昔の作品や写真から現在の作品まで見ることができる展示内容が凄く良かったです。

 

 
KAMI_ARCHIVES_KINMEGURO4

 
会場の金目黒製作所は中目黒でもまた特別な落ち着く良い雰囲気の空間で、自分も何度か夜な夜なひらかれる宴に呼んでもらったりして遊び行かせてもらってましたが、この場所での金目黒製作所第1幕最後を飾る展示でもありました。また新たな場所ではじまる金目黒第2幕も楽しみです!!

 
KAMI_ARCHIVES_KINMEGURO5


KAMI Exhibition “ARCHIVES” at KINMEGURO TOKYO

2017/5/19

kami_archives_tokyo2-900x902

 
indyvisualアーティストグッズ取り扱い等お世話になっているKAMI(HITOTZUKI)のアーカイブ展が前回の大阪に続き、中目黒は”金目黒製作所”にて開催されます。

1999年〜過去の作品から新作、プリント作品を展示予定、貴重な展示なのでチャンスあれば是非足運んでみてください。

 
KAMI “ARCHIVES” at KINMEGURO TOKYO

5 . 26 – 5 . 29 .2017

open / 14:00 ~ 20:00
●reception / 5 . 26 (fri) 17:00 ~ 20:00

金目黒製作所
東京都目黒区上目黒1-3-13 1F
1F 1-3-13 Kamimeguro Meguro-ku Tokyo


DISKAH ART SHOW ”MO ART DEPO TOKYO” at debolbe Studio&Warehouse

2017/5/4

MOARTDEPOTOKYO-01

 
MOARTDEPOTOKYO-02

 
indyvisualアーティストグッズ取り扱いさせてもらっているdiskah(MAD.tk.)の作品展が、OUGHTのカタログ撮影でもお世話になっているdebolbe Studio&Warehouseで開催されます。スケートボーダー×アーティストとして幅広いシーンで活躍を続けるDISKAH。東京では作品をじかに見れる久しぶりのチャンスです。

 
本展では、DISKAH ART SHOPという形式で東京以外で展示した過去作品や新作の展示販売のほか自身がディレクションするMAD.TK.のグッズなども販売するそうなので、興味ある人は是非足運んでみてください。

– DATE –
2017年5月27日(SAT) ~ 6月4日(SUN)

– OPEN –
12:00 ~ 20:00
(最終日のみ 12:00 ~ 18:00)

– PLACE –
debolbe Studio&Warehouse
東京都江東区冬木8-9
03-6458-8048

 
– DISKAH – (DAISUKE TANAKA, DEE, DAIKON)
東京都出身。アーティスト/写真家/スケートボーダー。作品の多くはスケートボードやストリートでの体験をもとに生み出される。絵、写真ともに独学。アートワークではフリーハンドのラインをベースに、多種多様な手法を用いてキャラクターやテクスチャーなど様々なモチーフを描き出す。写真では主にストリートからの視点で世の中をドキュメントし続けている。国内外での個展やグループ展等への出展のほか、ファッション、音楽、広告への作品提供など多方面で活動を行っている。また、スケートボーダーとしてKNOWLEDGE JAPAN、DONKEY SOXからサポートを受けている。

 
Born and raised in Tokyo, JAPAN. He is an artist, photographer and skateboarder. Most of his artwork comes from his experience being on the streets and skateboarding. He is a self-taught painter and photographer. He uses his medium to alter the boundaries of the technique and style to avoid being pigeonholed. Artistically, he uses a wide range of techniques to create various unique characters and rich textures from a free hand base. His photographical focus is the street; he documents the multifaceted nature of people and their relation to the scenery. His art and photography has been used in fashion, music, and advertisements. He has participated in both domestic and international solo and group exhibitions. In addition, he is supported from Knowledge Japan and Donkey Sox as a skateboarder.

 
DISKAH >>> http://www.diskah.com