Post Tagged : 2019

OUGHT 2019 F/W イメージカタログ

2019/11/6

 
indyvisualのストアオリジナルOUGHT今季イメージカタログが今日届きました!
完成するまでほんといろいろあって出来上がったみんなの気持ちが乗った渾身のカタログです。店頭でお客さんには手渡ししますので是非遊び来てください。

地方のお客さん分は本日発送できて、明日明後日お届け予定ですのでポスト確認下さい〜。

よろしくお願いします!

 
Model : Remi (BE NATURAL)
Photography : Hirama Takashi
Art Direction / Design: Nao Harada
Hair : Shinji Goto (g hair works)

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/


OUGHTメルトンジャケット

2019/11/5

 
もう気がつけば11月ですね。そうなるとすぐ年末ですよ、、なんかこのおかしな気候に惑わされて季節感も無くなってきてますが、ずれ込んだ冬支度もこの時期になってやっとする気になってきた人が多くお店に顔出してくれてます。そんなタイミングで是非みて欲しいOUGHTの新作アウターを紹介させてもらいます!

 

 
裾や袖口等全パーツを縫い込まず切りっぱなしにしたゆとりあるボックスシルエットのメルトンジャケットです。

 

 
これはまた写真では伝わらない部分ですが、丈があまり長くないミリタリーのボンバージャケット、スウィングトップやライダースを合わせたような感じが素材とシルエットも相まって袖通したときに、あれ!?これなんか変わってますね〜良いですね! と展示会のときに着てくれた人に多数言われていた独特の雰囲気があります。

 

 

 

 

 
二重織りでしっかり目の詰まった上質なヘビーメルトン生地を使用し、メルトンの堅さが着ていくと馴染んで柔らかく自分のかたちになってきます。切りっぱなしのほつれ具合がまた良い味になりますが、度詰めのメルトンは少しほつれる程度でそどんどんほつれたりはないので安心下さい。袖裏だけポリエステルの裏地をつけて袖通り良くしています。

一枚物ですが、風を通さず保温性が高いしっかりした素材とシルエットにゆとりがあり中にしっかり着込めるサイズ感で、極寒の地にでもいかない限り充分暖かいですよ。

 
メルトンジャケットは本日indyvisual店頭オンラインストアで販売開始しましたので、是非チェックください!

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/


OUGHT TRサージイージートラウザーズ

2019/11/3

 

 
WEB公開した今季シーズンイメージカタログで、HOBOウールローブと合わせて着用しているTRサージイージートラウザーズも届いています。

先日ここでも書かせてもらったチノイージートラウザーズと同型で素材違いになります。

 

 
チノと同じくシルエットが綺麗なゆったり目のストレートで、少し深さのある股上はガゼットがあるかのような適度なゆとりを工夫しているので、柔らかくテロっとしたポリエステルレーヨンのサージ生地でさらに窮屈な感じが無く動きやすく楽な履き心地です。この素材ではブラックとグレーの2色になります。

より楽な感じを求めてる人にはこっちですかね〜厚さはこれもオールシーズンいけますよ。

 

 
このウエストがドローコードとベルトループ仕様なのと、

 

 
スーツのスラックス等であるポケット口の渕にスリットが入った仕様はポイントで、ポケットに手を突っ込むと分かりますが出し入れしやすくて使い勝手が凄く良いです。

 
TRサージイージートラウザーズindyvisual店頭オンラインストアで販売開始してますのでチェックください。

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/


OUGHT HOBOウールローブ

 
春にコットンフランネルのチェック生地で作ったHOBOローブも季節感とか関係なく通年着れますが、さらに今季のはウール素材に生地替えして秋冬にコート感覚でも着れるウールローブにアップデートしてみました。

 

 
これこそガウンコートで、がっちりしたコートより車で出かける時にパッと持ってでたり、ちょっと近所のコンビニいくとき、家でも寒い時は羽織ったりもできるし、もちろんきちっとした外出時にも着れるので重宝すると思いますよ〜

 
春にも書きましたが、ローブやガウンというと自分はやはり昔カリフォルニアで良くみたホームレスやその辺のオッサンが普段普通に着てあるいてる光景、まさにその感じが見れる1998年公開されたコーエン兄弟のコメディ映画ビックリボウスキが浮かびます。生きていれば、思いもよらず自分ではどうしようもない事が起こる。人生は最高だ。というカリフォルニアのオッサンの話、ヨレヨレのTシャツにローブ羽織って短パンにサンダルみたいな家でもどこでもそのままのカッコでいるオッサンのイメージ、基本的にそのビジュアルだったり雰囲気はずっと好きで常に追い求めてるところではあります。。ああやって自然な感じで普通に着るのがいいなと思います。HOBOスタイル是非お試し下さい。

 

 

 

 
中肉でウールフリースのような柔らかく暖かい素材なので、ゆるくオーバーサイズでカーディガンや軽いコートとしてラフに羽織る感じで着て欲しいと思います!

がばっと着れる肩周りや身幅、アームがゆったり目なサイズ感で、2サイズにしてます。Mはユニセックスなのですが、女性にも好評です〜

 
HOBOウールローブindyvisual店頭オンラインストアで販売開始しましたので、是非チェックください!

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/


OUGHT OFFICIAL WEBSITE UPDATE !!

2019/10/29

 
indyvisualショップオリジナルブランドOUGHTのOFFICIAL WEBSITEで2019秋冬のシーズンイメージカタログを公開しました。

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/ 是非みてみてください〜!!


OUGHT チノイージートラウザーズ

2019/10/17

 
昨日カタログが入稿完了しました。
なのででもう少しかかりますが来週あたりには見せたいと思います〜。

と、その間にも新作が届いてきてるので紹介しますね。

 

 
コードイージートラウザーズと同型で好評のチノイージートラウザーズ
新色追加で作りました。

 
シルエットが綺麗なゆったり目のストレートで、少し深さのある股上はガゼットがあるかのような適度なゆとりを工夫しているので、窮屈な感じが無く動きやすく楽な履き心地です。

OUGHTのパンツは試着した時に履き心地とシルエットはほんと評判良いので、是非一度試してみて欲しいです!

 

 

 
カラーは、まずビンテージカラーのライトベージュ、今濃いのばかり多くてこれぐらいのアイボリーまでいかない渋いベージュあまり無いですよね〜

 

 

 
さらにパンツに使えるコットン100%生地では珍しい良い感じの濃さのブラウンがやっと見つかったのでブラックとあわせて3色で作っています。

ブラウンは本当になかなか素材だったり色の濃さが良いの巡り会えてなかった人も多いと思うので、これはお薦めです。

男っぽいしっかりした質感なのでがしがし洗って味をだしていって欲しい通年履きこめる素材ですよ。

 

 
このウエストがドローコードとベルトループ仕様なのと、

 

 
スーツのスラックス等であるポケット口の渕にスリットが入った仕様はポイントで、ポケットに手を突っ込むと分かりますが出し入れしやすくて使い勝手が凄く良いです。

 
indyvisual店頭オンラインストアで販売開始しましたのでチェックください。

 
あまり太めではないほうが良い場合は定番で太からず細からずのLポケもあるので、お好みで2種類の太さを選んで下さいね。

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/


OUGHT ニットベスト

2019/10/7

 
ちょうど去年の今時期に良くある中綿のインナーベストではなく、おじいちゃんがラフに着ていそうなTシャツロンTの上にメインで着れてジャケットのインナーにもなるベストがあると良いなと考えてあたためていたニットベストを作りました。
あの感じはラフにとは言わないかもですが。。

 

 
クルーネックスウェットの袖を無くしたような丸みとゆとりがあるシルエットのニットベストです。OUGHTのニット持っている人はもう良く知ってる素材と思いますが、柔らかく肌触りの良い上質なLAMBS WOOL 100%で作りました。
 
COOMA LAMBSは、オーストラリアのニューサウスウェールズ州南に位置する2000mを超える山々の豊かな自然環境を拝するクーマ地区のラムウールで、柔らかく肌触りが良い上質なウールです。

 

 
前身頃が片畦編みでゴム編みと違いしっかりしてますが、柔らかく、
後身頃は天竺編みで前後編みにして切り替えています。

 
7Gとミドルゲージなので、ジャケットなどアウターの中にも着やすく、
インナーとしても重宝する厚みです。春先も着れるので、長袖のニットより長イシーズンで着れますね。

 

 
キャメルベージュとブラックの2色展開で、カジュアルな普段使いだけでなく、スーツなどの時にも上品に使えると思います。

元々タイトじゃないですが、オーバーサイズでよりゆるく着たい人はワンサイズ上げて着ても。

indyvisual店頭オンラインストアで販売開始しましたのでチェックください。

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/


OUGHT オーバーシャツ

2019/10/6

 
TシャツやロンTがサイズ感ゆったりした物も増えてきたので、そのうえにもガバっと羽織れるシャツというイメージでオーバーサイズのデニムワークシャツを作りました。

 

 
通年着れる6.5ozのデニム地で、ジャケットのインナーやTシャツの上に一枚でシャツとしても、身幅やアームがひろいので軽い羽織として合わせたりもできるイメージです。OUGHTの通常のシャツのワンサイズ上のゆとりがあると思ってもらえたら分かりやすいです。

ただ、全体が大きいサイズというわけではなくサイズごとに首回り等要所要所調整してすっきりした首元からゆったりとしたシルエットが綺麗にでるようにしてます。ビックサイズといっても首がゆるゆるだったりだとただでかいの着てるだけになってしまうので、、その辺は安心下さい!

 

 
価格と品番違いで、同型で素材違いも1色作っています。

 

 
生地は味が合って着てるだけで雰囲気があるコットン、リネン、ウール混の起毛素材で、風合いが良くふくらみや柔らかさがあります。これは厚みもあるので季節によって軽アウター感覚でも。

どちらもindyvisual店頭オンラインストアで本日から販売開始しましたのでチェックください。

 
今季のイメージカタログがもうちょっとなのでまた合わせて感じみて欲しいと思います!

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/


臨時休業日のお知らせ

2019/9/28

 
いつもありがとうございます。
昨日友達の洋服のブランドENDS and MEANS来春夏展示会にプリント工場タートルエコーズの山田くんとお邪魔させてもらってきたのですが、
アパレルはもうそんな時期です。が、、自分はお店にたちながらやってるので頭の中も店頭も完全にいま秋冬モードです。。。

展示会どころかまず今をということで、

10月1日(火)は、OUGHT2019秋冬イメージカタログ撮影の為、
indyvisualを終日お休みさせていただきます。オンラインストアの通販ご注文や問い合わせについても同じくさせていただきます。

ご来店予定だった方には毎度撮影の知らせ急でご迷惑おかけしますが、
宜しくお願いいたします。

今回は外撮影です。楽しみにしといてください〜

indyvisual


OUGHT “Bindle” L/S Tee

2019/9/27

 
思いのほかなかなか秋らしくならず、、最近やっと涼しくなってきたところですが、秋冬物お待たせしましたちょうど今着たいロンTeeがいいタイミングで届きましたよ〜 今季は“Bindle” L/S Teeです。

 

 
フロントのメッセージ “There’s no telling where we end up. (どこで自分たちは終えるのか、この旅を終わりとするのか、それについては分からない。)”と、バックプリントのちょっと和も感じる旅のモチーフあわせて、

物事には必ず終わりがある。どこまで続くのか、続けるのか、それはその時にならないと分からないこと。どういう結果を迎えるにしても、まだ続く放浪の旅がテーマです。

あと、すみません上の写真プリントカラーは問題ないですが、ボディカラーわかりずらくなってしまいました、、ホワイトともう一色はブラックじゃなくてスミです。。お間違えの無いように。

 

 

 
“Bindle” L/S Teeは本日から indyvisual店頭オンラインストアで販売開始です。チェックください。

10月前半には新作のオーバーシャツやニットベスト、大人のユーティリティーコーチジャケットなどなど到着予定で、いま店頭ではこれから入荷予定アイテムのサンプルを交えて見てもらえるようにしてますので、是非遊び来てもらえたらです!

シーズンカタログは、10月中旬までには見せれる予定です。お楽しみに!!

 
OUGHT website : http://www.oughtclothes.org/